正直レビュー

【ロールスロイスへの道③】ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)アリス(Alice)の経年変化レポート

 

こんにちは、ham(はむ)です。

 

ユッタニューマンのアリスユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)アリス(Alice)

 

先日こちらの記事で紹介したユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)のアリス(Alice)というサンダル。

>>【購入レビュー】ユッタニューマンのアリスは本当に『サンダル界のロールスロイス』なのか?

 

「サンダル界のロールスロイス」と言われるほど履き心地が良く、名作中の名作サンダルとされているユッタニューマンのアリスですが、ロールスロイスの履き心地も足に馴染んでからの話。

 

ham(はむ)
ham(はむ)
馴染むまでは革が硬くて本当に辛いんです…

 

それじゃあ一体どれくらいの時間・回数を履けば、ユッタニューマンのアリスはロールスロイスになってくれるのか?

ということで今回は、2019年6月にアリスを購入して実際に履き始めた私が、アリスの経年変化の具合を詳しくお伝えしたいと思います。

 

ham(はむ)
ham(はむ)
今回は2ヶ月ほどしっかりと履き込んだ時点での経年変化っぷりをご紹介していきますよ

 

本記事は3回構成のうちの第3回、一応最終回となります。

第1回、第2回はこちら。

>>【ロールスロイスへの道①】ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)アリス(Alice)の経年変化レポート

>>【ロールスロイスへの道②】ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)アリス(Alice)の経年変化レポート

 

ちなみに若干ネタバレにはなりますが、私のアリスの1年後、2年後の姿はそれぞれこちらの記事でご紹介しています。

>>【経年変化レビュー】ユッタニューマンのアリスを約1年履いてみて溢れる愛を語っていく【修業は終わった?】

>>【経年変化レビュー】ユッタニューマンのアリスは2年間履きまくったらこうなる!【履き心地やサイズ感の変化は?】

 

本記事はこんな人におすすめ
  • これからユッタニューマンのサンダルを購入しようと考えている人
  • ユッタニューマンのサンダルを持っていて、なかなか足に馴染まず不安な人
  • サンダル界のロールスロイスって本当?って疑っている人

 

 

【ロールスロイスへの道③】ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)アリス(Alice)の経年変化記録

現在の履いた回数・時間

  • 累計着用回数:18回
  • 累計着用時間:24時間以上

購入から2ヶ月ほど経過しトータル回数では18回、トータルの時間では24時間以上は着用。

1日中歩き回るような日も2回ほど履いており、これだけ見てもだいぶ馴染んできていると言えそうです。

 

ham(はむ)
ham(はむ)
こうやって馴染んできているのが実感できるともっともっと履きたくなるし、これだからレザーアイテムってやめられないですよね

 

外観の変化

全体的にツヤが出てきている

 

インソールは以前よりさらに沈み込んでいる

 

ちょっと写真では伝わりにくんですけど、全体的にレザーにツヤが出て柔らかい雰囲気になってきています。

またフットベッドの沈みも良い感じになってきて、これはもう誰がみても「お、こりゃ新品ではないな」って分かるくらいにはなってきています。

 

あとは履き始めから結構気になっていた「履くと足の裏がオレンジ色に染まる問題」も、ほとんどなくなりましたね。

かと言って激しく色落ちしているってわけでもなく、深みのあるダークブラウンを保ってくれています。

 

甲のストラップとサムホールはかなり柔らかくなった

 

履き始めはとても固くて流血沙汰の原因となっていた甲のストラップとサムホールですが、着用時間が20時間を超えたあたりから劇的に柔らかくなる感覚がありました。

今ではもちろん流血なんてしませんし、着用1ヶ月時点(第2回参照)で気になっていた甲部分の窮屈さもかなり改善されてきていますよ。

 

ham(はむ)
ham(はむ)
ただ今でも1日履いていると、足の甲や親指の付け根あたりが赤くはなります(痛みはありませんけど)

 

ソールはそれほど擦り減っていない

 

若干ピントが合っていなくて申し訳ないのですが、ソールの擦り減りはまだほとんどありません。

この辺りはさすがのビルケンソールと言ったところで、耐久性・耐摩耗性だけでなく小雨の日に履いても滑りやすいと感じることはなく非常に快適に履けましたしね。

 

履き心地の変化【ロールスロイスにはなれたのか?】

履き心地は第2回から比べると劇的に良くなっています。

親指と甲部分のストラップが当たって痛いということもほとんどなくなりましたし、前回気になっていた甲部分の窮屈感もなくなってきました。

むしろ親指と甲部分については今後少し緩くなってくるかな?といった感じすらあります。

まあ足のサイズは日内変動や体調による変動がありますし、これ以上小さなサイズではさずがに合っていないと思うのでサイズ選びは間違えていない!……と信じています。笑

窮屈さがなくなったのに伴いフィット感も多少はなくなっているのですが、それでも他のサンダルに比べるとフィット感は段違い。

未だにパカパカなる感じは一切ありません。

 

この履き心地が「サンダル界のロールスロイスか?」と言われると、胸を張って「そうだ!」と言えるかどうかわかりませんが、何よりも履いていてテンションが上がるサンダルではあります。

アイテム選びにおいては、素材やシルエット、製造工程、バックにあるカルチャーなど様々な要因があると思いますが、私が1番大事にしているのはそのアイテムを身に付けていてテンションが上がるかどうか?です。

このサンダルはデザインや作りなどの理屈抜きでとにかくテンションが上がる。

それだけでこの価格を払うには十分な気がしますね。

本当に一生履いていきたいと思えるサンダルです。

 

サイズ感の変化

 

【ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)アリス(Alice)の経年変化レポート③】まとめ

ちなみに購入時と現在の写真を並べるとこんな感じ。

 

まだまだ履き込んでいったときの渋い雰囲気は出ていませんが、履き心地は大変素晴らしく、ついついこのサンダルばかり履いてしまいますね。

とにかく履いていてテンションの上がるサンダルですので、今後もちゃんとケアをしてこれでもかというくらいに履きまくっていこうと思っています。

とりあえずこの修行レポートはここで終了としますが、また1年後2年後にどのように経年変化したかを記事にできたらいいですね。(それまでブログを継続するよう頑張ります笑)

 

梅雨が明けてサンダルを履ける季節は今年もあと2ヶ月ほどですが、私のレポートによると大体20時間ほど履けば馴染むので皆さんもまだ今年の夏に間に合いますよ。笑

確かに高いサンダルですが、皆さんも是非奮発して一生物のサンダルを手に入れてみてはいかがでしょうか?

ではまた!!