正直レビュー

HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)のリカバリーサンダルを正直レビュー。履き心地やサイズ感も!

HOKA ONE ONE (ホカオネオネ) のリカバリーサンダルを正直レビュー

 

こんにちは、ham(ham50865160)です。

 

ham
ham
夏になると履きたくなるのがサンダルですよね?

 

というか最近の夏は暑過ぎて革靴なんて履けたもんじゃありません。笑

 

ここ数年サンダルと言えば、Teva(テバ)に代表されるスポーツサンダルや、KEEN(キーン)などのハイテクなサンダルが定番でしたよね。

しかし2018年くらいから、じわじわと人気に火が点いてきているサンダルがあるんです…

それがリカバリーサンダル。

ホカオネオネのリカバリースライドホカオネオネのオラ リカバリースライド(2018年モデル)

今回はリカバリーサンダル人気の火付け役ともなった、ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)のオラ リカバリースライド(ORA RECOVERY SLIDE)を正直にレビューしていこうと思います。

 

ham
ham
ちなみに私はこのオラ リカバリースライドを2018年に購入し、それから履きまくっていますよ〜

 

おすすめの〇〇な 白スニーカーをご紹介
おすすめの白スニーカー5選。白スニーカーを選ぶ時は〇〇に気を付けろ!汎用性が高くて1足は持っておきたい白スニーカー。ただ他人と被るのは嫌ですよね?そう、白スニーカーを選ぶ際には〇〇に気を付けるべきなんです。...

 

そもそもリカバリーサンダルとは?

 

おしゃれ初心者
おしゃれ初心者
そもそもリカバリーサンダルって何なのさ?

 

リカバリーサンダルとは、ランニングやトレイルランなどの運動後に足を休めること目的として作られたサンダルのこと。

ソールが分厚く衝撃吸収性に優れており、履くことにより足の疲労を回復するというものですね。

逆にソールの反発性がないため、長時間の歩行には向かないと言われています。

 

このように元々はかなり実用的なサンダルとして履かれていたリカバリーサンダルですが、近年ファッションアイテムとしても注目されてきています。

今回ご紹介するホカオネオネの他にも、oofos(ウーフォス)SALOMON(サロモン)などのスポーツギアメーカーからも様々なリカバリーサンダルが出ていますね。

 

HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)とは?

 

こんな感じなのがトレイルラン

 

ホカ オネオネ(OKA ONE ONE)は2009年にフランスで誕生した、トレイルランや長距離ランニング用のシューズを作っているブランド。

ブランド名の「HOKA ONE ONE」とは、マオリ族の言葉で「Time to Fly」という意味だそう。

 

ham
ham
私は最初普通に「ホカ ワンワン」だと思っていました。笑

 

創業から一貫して競技用のシューズを作っていましたが、2017年くらいからボリューム感のあるデザインと、圧倒的な履き心地でファッションアイテムとしても人気になってきます。

ロードラン用のBONDAI(ボンダイ)シリーズやCLIFTON(クリフトン)シリーズなんかは、今やカジュアルシューズとして定番になりつつありますね。

中でも特にBONDAI 5の人気は凄まじかった。

ブーム時にはほぼ全ての取扱店で完売し、2次市場ではプレミアが付くほど。

 

(下記リンクは後継機であるBONDAI 6)

 

ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)のオラ リカバリースライドを正直レビュー

ホカ オネオネのリカバリーサンダルには2種類ある

ホカオネオネのリカバリースライドホカオネオネのオラ リカバリースライド(2018年モデル

まず、ホカオネオネのリカバリーサンダルには

  • スライドサンダル型のオラ リカバリースライド(ORA RECOVERY SLIDE)
  • ビーチサンダル型のオラ リカバリーフリップ(ORA RECOVERY FLIP)

の2種類があります。

 

私は足の親指の付け根が擦れるのが嫌だったのでリカバリースライドを選びましたが、ホールド感を求めるのであればリカバリーフリップの方が良いかも知れません。

ホカオネオネのオラ リカバリーフリップリカバリーフリップ(出典:https://www.roomie.jp/2019/04/511218/

 

ちなみに私が購入したのは2018年モデルで、現在購入可能な2019年モデルとはデザインが少し異なります。

2019年モデルは2018年モデルと比べて、アッパーのロゴがオミットされてよりシンプルなデザインになっていますね。

 

ham
ham
ロゴがない分匿名性は増していますが、一歩間違えるとドンキなどの量販店サンダルっぽくも見えちゃうかな…
オラ リカバリースライド(2019年モデル)オラ リカバリースライド 2019年モデル(出典:https://lohaco.jp/product/L07379833/

ソールの柔らかさは感動的

ホカオネオネのリカバリースライド分厚いミッドソールは衝撃吸収性が高い

 

ソールのふわふわ感は、最初に履いた時にかなりビビりました。

普通のサンダルでは考えられないほどミッドソールが分厚く、その柔らかさに感動すら覚えます。(そもそも通常のサンダルではミッドソールという概念すらないですが笑)

 

ミッドソールはホカ オネオネが独自に開発した特殊な二重構造になっており、クッション性抜群で足への負担を軽減してくれます。

このミッドソールこそが、リカバリーサンダルたる所以ですね。

 

前に前に、勝手に足が出る感覚

ホカオネオネのリカバリースライド弧を描くようなゆりかご状のソール

ホカオネオネのソールには、メタロッカーテクノロジーという特殊な技術を採用されています。

これは、かかとから地面に着いたときに自然に車輪のようなローリング運動が働き、体重移動が促され次の1歩が踏み出しやすい構造のこと。

つま先とかかとがかなり反り返っていて、ゆりかごのような形をしていますよね。

 

ham
ham
この特殊な形状が、ゆりかごのように車輪運動を促してくれるんですね。

 

おしゃれ初心者
おしゃれ初心者
なんかあんまり凄そうに見えないね。笑

 

いやいや実際に履いてみると、想像以上に足の踏み出しやすさを感じますよ。

 

さっと履けてめちゃめちゃ楽!

スポーツサンダルを除くサンダル全般に言えることですが、やはりさっと履けるのは魅力。

ちょっとコンビニまでとか、必ずと言っていいほどこのサンダルを履いてしまいます。

 

またグリップ性があるソールなので、多少の雨なら全然滑らず履けます。

革靴はもちろんお気に入りのスニーカーを履いて出かけた時に、急な雨に降られるとテンションガタ落ちですが、このサンダルなら濡れても全然OKですしね。

汚れた時もまるっと水洗いができます。

グリップ力のあるソール

 

サイズ感は比較的ゆったりめ

ホカオネオネのリカバリースライドかかと部分はやや沈んでくる

サンダルなのでサイズ感も何もないんですが、スライドサンダルということであまり大き過ぎるとカパカパして歩きづらいかな。

そしてホカオネオネのサンダルは、気持ち大きめのサイズ感。

 

私はスタンスミスなど一般的なスニーカーを27.5cmで履いているのですが、こちらのリカバリースライドは27cmを選んでいます。

かかとが少し沈んできた感じはありますが、割とジャストで履けていると思いますね。

 

ham
ham
ホカオネオネのリカバリーサンダルにはハーフサイズがないので、私のようにマイサイズが○○.5cmの人であれば、小さめをチョイスしておいて大丈夫かと。

 

ソールのゆりかご構造ゆえに、バランスが取りにくい

上で説明した特殊なソール形状は、確かに足を踏み出すのを助けてくれるのですが、そのゆりかご構造ゆえに少しバランスが取りづらく感じます。

私の歩き方の問題かも知れませんが、歩いていて足首が少し疲れるというか…

ゆりかご状のソールは、ぺったりと地面に着くことがないため、常にどこかが浮いている状態になります。

そこでバランスを取ろうと足に自然に力が入っているのでしょうね。

 

長時間歩行は逆に疲れる…

まあ元々リカバリーサンダルは長時間歩行用ではないので当たり前ではあるのですが、ソールに反発力がないためか、なんだかぐにゃぐにゃして長時間歩いていると結構疲れます。

それに加えて私が履いているオラ リカバリースライドは、つっかけのようなスライドサンダル。

足があまりホールドされなくてかかとはパカパカなってしまうし、それも疲労の原因になっているでしょうね。

 

よくこの手のレビューで

 

インフルエンサー
インフルエンサー
この靴(サンダル)は履き心地が最高で、1日中歩いても全く足が疲れません!

 

とかって言っている人がいますが、さすがにどんな良い靴(サンダルも)でも1日中歩いていて足が疲れない靴(サンダル)なんてことはないと思いますよ。笑

 

ham
ham
当ブログでは、この辺も正直にお伝えできればと思っています。

 

まとめ

今回はホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)のリカバリーサンダル、オラ リカバリースライドを、魅力や弱点も含めて正直にレビューしました。

  • 分厚いソールでクッション性抜群
  • 足が勝手に前に出て歩きやすい
  • さっと履けてケアも楽
  • ゆりかご構造のソールでややバランスが取りにくく足首に負担がかかる(個人差あり)
  • 高吸収低反発ソールのため長時間歩行は疲れる

 

まあ良いところもあれば悪いところもあり、手放しで

最高のサンダルです!

とは言い切れませんが、短時間であればその歩き心地は素晴らしいものがあります。

価格も税込8,640円と比較的お求めやすいのですし、リカバリーサンダルの1足目としてはかなりおすすめはできるんじゃないかな?

 

ただまあoofosのリカバリーサンダルなんかもかなり評判良いみたいですし、この記事も参考にして色々比較してみるのも良いでしょう。

 

さあ皆さんも、今年はリカバリーサンダルデビューをしてみてはいかがでしょうか?

ではまた!!

 

 

今こそスーパースター(Super Star) を履くべき3つの理由
今こそアディダスのスーパースターを履くべき3つの理由。【生誕50周年】2020年で生誕50周年を迎えるアディダスの名作スーパースター。そんな今だからこそ履きたい理由を3つご紹介していきます。...