正直レビュー

Teva(テバ)のハリケーン XLTを正直レビュー。サイズ感、履き心地を徹底解説!【スポーツサンダルの代名詞】

 

こんにちは、ham(ham50865160)です。

 

ham
ham
今回は履き心地最高のサンダルをご紹介しますよ。

 

それがこちら。

Teva(テバ)のハリケーン XLT

Teva(テバ)というブランドの、ハリケーン XLTというモデルです。

 

おしゃれ初心者
おしゃれ初心者
あーそれ、すごいみんな履いてるやつだよね。

 

確かに大人気ですよね。

スポーツサンダルと言えばTeva、Tevaと言えばスポーツサンダルと言えるほど、スポーツサンダルの大定番ブランドであるTeva。

そしてそんなTevaの1番人気のモデルが、こちらのハリケーン XLTなんです。

 

この記事では、

  • Tevaのハリケーン XLTはなぜそんなに人気なのか?
  • 履き心地やサイズ感はどうなのか?
  • ぶっちゃけ気になるところはないのか?

などについて、ハリケーン XLTを3年ほど履き続けた私が徹底的にご紹介していきます。

 

結論から言うと、私はこのTevaのハリケーン XLTが『スポーツサンダルの完成形』と呼べるモデルだと思っています。

私はユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)のアリスや、ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)のリカバリーサンダルなど、履き心地の良いと言われているサンダルをいくつか持っているのですが、

それらと比べても、正直Tevaのハリケーン XLTが1番履き心地良いですね。

 

created by Rinker
TEVA(テバ)
¥6,206
(2020/09/20 01:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)のアリス(Alice)を正直レビュー
ユッタニューマンのアリスを正直レビュー。最初はめちゃくちゃ痛い?【サンダル界のロールスロイス】 こんにちは、ham(ham50865160)です。 2019年夏に私が購入した、自分史上初めてのレ...
HOKA ONE ONE (ホカオネオネ) のリカバリーサンダルを正直レビュー
HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)のリカバリーサンダルを正直レビュー。履き心地やサイズ感も!ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)のリカバリーサンダルを履きまくっていた私が、その魅力や欠点、サイズ感を正直にレビュー。結論、リカバリーサンダルデビューにはうってつけの1足です!...

 

Teva(テバ)とは?

世界で初めてのスポーツサンダルを生み出したブランド

Teva(テバ)は1984年にアメリカで誕生したブランド。

設立者であるマーク・サッチャーさんが、グランドキャニオンでリバーガイドとして働いていた際に、ビーチサンダルが水辺でも脱げないようアンクルストラップを付けたことをキッカケにブランドが始まります。

 

これが世界で最初のスポーツサンダルと言われており、それ以降様々なアウトドアブランドがスポーツサンダルを作っていますが、今なおTevaはスポーツサンダル界のトップランナーであり続けています。

 

ham
ham
ちなみに設立者のマーク・サッチャーさんは、地球物理学者でもあるそうだよ。

 

そもそもスポーツサンダルって何だっけ?

 

おしゃれ初心者
おしゃれ初心者
そー言えばさ、そもそもスポーツサンダルってどういうのだっけ?

 

スポーツサンダルとは、アウトドアでのアクティビティ用に開発されたサンダルのこと。

 

デザインで言うと、このように3点またはそれ以上こストラップで足や足首をホールドするものがほとんどですね。(これもTevaが広めたものなのですが…)

 

他にも

  • 水辺でも滑りにくいソール
  • アクティビティに耐えられる高い耐久性

などの特徴があります。

 

Teva(テバ)のハリケーン XLTを正直レビュー

Teva(テバ)のハリケーン XLT 2

 

created by Rinker
TEVA(テバ)
¥6,206
(2020/09/20 01:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

とにかく履き心地が最高

サンダルとは思えないほど分厚く重厚感のあるソール

ハリケーンXLT最大の魅力は、何と言っても履き心地の良さ。

厚みのあるEVAソールはクッション性や反発性が抜群で、サンダルとは思えない程に歩きやすい。

アウトソールも防滑性、グリップ力に優れ、濡れた地面でもへっちゃらです。

 

あとなんせめちゃくちゃ軽い。

その履き心地は限りなくスニーカー、それもハイテクスニーカーに近いと言っても過言ではないレベルですね。

そして当然サンダルなので足の蒸れなんかとは無縁なわけで、そういう意味ではスニーカーよりも履き心地良いかも。

 

冒頭でもお伝えしたように、私はユッタニューマンやホカオネオネといった、いわゆる履き心地の良いと言われるサンダルも持っています。

しかしその中でも、やっぱり1番履き心地が良いと思うのはハリケーンXLTですね。

 

ham
ham
特に長距離や長時間歩く時はダントツですから、この履き心地を1度味わってみて欲しいなあ。

 

かかと部分は厚みが3cm以上もある

 

ホールド感も抜群

足の甲、足首、かかとをホールドするユニバーサルストラップシステム。

ハリケーン XLTに用いられている3点ストラップは、Tevaが独自に開発したユニバーサルストラップシステムと言う技術です。

今では他の多くのブランドでも使われており、スポーツサンダルと言えばこのデザインってくらいに普及していますね。

 

ユニバーサルストラップシステムは、

  • 足首
  • 足の甲

と3点で足をガッチリホールドしてくれるので、サンダルですが履いたまま余裕で走れます。

 

しかも3点それぞれがある程度の幅で調節ができるので、どんな足の形・大きさの人でもピッタリに合わせれるのが嬉しい。

甲高・甲低、幅広・幅狭なんでも来いです。

 

ストラップのないサンダルって、構造上どうしても踵がカパカパして、それが足の疲労の原因になったりするのですが、Tevaはユニバーサルストラップシステムを採用することでこの弱点を克服したんですね。

このようにハリケーン XLTの履き心地の良さは、ユニバーサルストラップシステムによるホールド感の寄与するところが大きいです。

 

ham
ham
だんだん「ユニバーサルストラップシステム」って言いたいだけみたいになってきてる…笑

 

サイズ感は大きめ

ハリケーン XLTは大きめの作りをしている

ハリケーン XLTのサイズ感は結構大きめ。

私はスタンスミスなどのスニーカーをを27.5cmで履いていますが、ハリケーン XLTは27.0cmでつま先とかかとにそれぞれ1〜2cmずつくらい余裕があります。

 

元がアウトドア用のスポーツサンダルですので、ギリギリのサイズだとつま先やかかとを怪我する可能性があるということなんでしょう。

街履きする場合でも、ソックスと合わせることもありますし、このくらいの少し大きいくらいのサイズ感で選べば大丈夫です。

 

ham
ham
ユニバーサルストラップシステムがあるので、甲の高さや足幅をあまり気にせず、足裏のサイズだけで選ぶことができますね。

 

どんなコーデにも合わせやすいデザイン

ソックスに合わせるのもアリ?(難しいけど…)

ハリケーン XLTは完成されたデザイン性も魅力。

ビーチサンダルやスライドサンダルって、どうしても足元が軽く見えるというか、悪く言えば安っぽくチープな印象になりがち。

その点ハリケーン XLTは、ゴテゴテしない程度のテック感と適度なボリュームで、サンダルなのに足元の印象が軽くならないんですよ。

メンズの夏コーデって、快適さを追い求める余りにシンプルになり過ぎがちなので、こういう情報量の多いアイテムは重宝します。

 

シックストックスのラインソックスとも相性は良い…かな?

また好みは分かれるでしょうが、ソックスとの組み合わせを楽しめるってのも大きな魅力ですね。

ソックスと組み合わせると、サンダルコーデのバリエーションが格段に広がりますから。

 

ham
ham
とは言えなかなか難易度の高いテクニックなので、私はあまりしませんが…笑

 

価格もお手頃

Tevaのハリケーン XLTは、定価が8,580円(税込)とかなりお手頃。

 

お洒落初心者
お洒落初心者
8,000円のサンダルがお手頃?そうかなあ?

 

いやいや。

同じくスポーツサンダルで人気の他ブランドなんかでは、10,000円超えも当たり前、なんなら15,000円くらいするモデルも多いですから、それに比べればこのクオリティ、デザインで8,500円はかなり安いかと。

 

しかもハリケーン XLTは、元々アウトドアアクティビティでの使用が前提なので耐久性もバッチリ。

私のハリケーン XLTももう3年履いていますが、マジックテープの劣化や極端なソールの減りもないですし、まだまだ履けそうです。

 

ham
ham
そういう意味でもハリケーン XLTはコスパは抜群ですよね。

 

スポーツサンダルの原点とも言えるTevaのサンダルが、他のブランドよりも遥かに安く買えるなら挑戦しやすい。

初めてスポーツサンダルを購入する初心者にとって、こんなに安心感のあることってないと思いますよ。

 

若干脱ぎ履きが面倒か…

3点ホールドができる分、脱ぎ履きは少し面倒…

ハリケーン XLTだって、やはり気になるところはあります。

これは履く人の性格にもよってきますが、私としては脱ぎ履きが面倒だなって感じることがあります。

 

3点ストラップのうち、少なくとも

  • 足の甲
  • 足首

の2点は外さないと脱ぎ履きができないので、両足で計4点外す必要があります。

 

ham
ham
しかも屈んで手を使う必要があるので、両手に荷物を持ってる時なんかは面倒だなと感じますね〜

 

スライドサンダルやスニーカーって、手を使わずに足だけで脱ぎ履きできるじゃないですか?

ハリケーン XLTには絶対にできないんで…笑

 

履き始めはややストラップが擦れるかも

これも人によるとは思いますが、新品下ろしたての状態だと、足の甲のストラップが若干擦れるかも。

ハリケーン XLTのストラップには、Repreveポリエステルウェイビングという素材を使っているのですが、まあ言ってしまえば化学繊維なので新品時はちょっと硬いんですよね。

それにホールド感が売りのハリケーン XLTですから、ストラップはある程度しっかり締めたいですし…

 

ham
ham
大体履き始めのの3回くらいはちょっと痛かったかな。

 

とは言っても化学繊維なので、レザーのようにガッツリ経年変化とかはしないのですが、まあ履いているうちに柔らかくなって(もしくは足の方が慣れてきて?)気にならなくなりました。

 

現行モデルはアップデートされた『ハリケーン XLT 2』

ハリケーン XLT 2ハリケーン XLT 2(出典:https://flossy.thebase.in/items/26121596

さて今回ご紹介したのは、私が2017年に購入したハリケーン XLTでしたが、2020年現在はハリケーン XLT 2にアップデートされて販売されています。

それほど大きなデザインの変更はないのですが、細かな部分がより快適に履けるよう改善されていますね。

 

具体的には、

  • ソールのクッション性が向上しながら、薄くなりスマートな印象に
  • ストラップはさらに細かい織りの素材になり、足との擦れを軽減
  • ストラップエンド(端っこ)はより掴みやすい形に変更
  • かかとのストラップにソフトパッドを追加
  • カラーリング・柄が大幅に追加

など。

 

なんと私の気になっていた部分、『脱ぎ履きが面倒』『足が擦れる』に対しての改良が入っています。

 

ham
ham
これは本当に素晴らしい。今のハリケーン XLTを履き潰したら、次はハリケーン XLT 2に買い替えますかね。笑

 

created by Rinker
TEVA(テバ)
¥6,206
(2020/09/20 01:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

【Teva(テバ)のハリケーン XLTを正直レビュー】まとめ

さて、まとめるとハリケーン XLTは、履き心地とコスパが最高に良い、暑い夏には必須のサンダルでした。

街履きとしてはもちろん、本来の目的どおりそのままアウトドアで使えるのも便利ですよね。

 

もちろんチャコ(Chaco)スイコック(SUICOKE)シャカ(SHAKA)など、Tevaの他にも良いスポーツサンダルを出しているブランドはあります。

しかし個人的に少なくとも最初の1足は、スポーツサンダルの原点、正真正銘のオリジナル、王道中の王道であるTevaを買うことを強くおすすめしますね。

 

この夏はTevaのハリケーン XLTで、快適におしゃれを楽しんじゃいましょう。

ではまた!!

 

created by Rinker
TEVA(テバ)
¥6,206
(2020/09/20 01:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの〇〇な 白スニーカーをご紹介
おすすめの白スニーカー5選。白スニーカーを選ぶ時は〇〇に気を付けろ!汎用性が高くて1足は持っておきたい白スニーカー。ただ他人と被るのは嫌ですよね?そう、白スニーカーを選ぶ際には〇〇に気を付けるべきなんです。...