正直レビュー

グンゼ(GUNZE)のインティー(in.T)をステマなしで正直にレビューしてみる【結論:Tシャツスタイルには必須級だけど…】

グンゼ(GUNZE)のインティー(in.T)をステマなしで正直にレビュー

 

こんにちは、ham(@ham50865160)です。

 

ham
ham
夏ってみんなTシャツ1枚になりますよね?

 

ham
ham
そんな時、汗染みや乳首透けって気になりませんか?

 

私のブログでは、

周りに差をつけよう。無地Tシャツの選び方とおすすめの無地Tシャツ。 こんにちは、hamです。 いやーまだ6月だっていうのにめちゃくちゃ暑いですねー。 夏は薄着になって身に付けるアイテム...
白Tシャツの選び方
おしゃれ初心者向け!白Tシャツの選び方を考える【1枚でサマになるTシャツの特徴とは?】 こんにちは、ham(@ham50865160)です。 7月に入って、そろそろ本格的に夏がやってきた...

こちらの記事のようにTシャツ1枚になる時に、どんなTシャツを選べばいいのか?について解説しています。

 

しかしどんなに良いTシャツを選んでも、脇に汗染みができていたり乳首なんか透けようもんならもう全部が台無し。

清潔感なんて粉々に砕け散りますよ。笑

 

そこで登場するのがTシャツ用インナー。

ここ数年市民権を得てきているTシャツ用インナーですが、その走りとも言えるのがこちらのグンゼ(GUNZE)インティー(in.T)ですね。

グンゼ(GUNZE)のインティー(in.T)

 

おしゃれ初心者
おしゃれ初心者
グンゼのインティーって最近よく聞くけど、本当に汗染みできないし乳首は透けないの?あとは着心地とかどうなの?

 

気になりますよね、私も気になってました。

今回はグンゼのインティーを実際に買って使ってみて、ステマなしで正直にレビューしていこうと思います。

 

グンゼ(GUNZE)のインティー(in.T)をステマなしで正直にレビュー

グンゼ(GUNZE)とはメンズ用インナーを中心に扱うブランドで、インティー(in.T)はそのグンゼの中のYG(ワイジー)というラインからリリースされているTシャツ専用インナーです。

先述のようにインティーは、Tシャツ専用インナーとして発売当初から話題になってましたし(というかこれ以外でTシャツ専用を謳っているインナーってない気がする)、夏のメンズスタイルを変えるとして注目されています。

 

ちなみに私も知らなかったんですが、グンゼって実は日本発祥のブランドで、しかも元となった会社の創業が1896年とめちゃくちゃ歴史のあるブランドなんですよね。

 

ham
ham
この記事書くまで普通に海外のブランドだと思っていました笑

 

さて少し話が逸れましたが、今回はそんなインティーについて着用していて感じた良い点や気になった点を正直にレビューしていきます。

 

汗染み防止効果は素晴らしい

両脇下に汗染み防止パッドが入っている

グンゼのインティーには汗染み防止パッドが両脇部分に付いているのですが、この汗染み防止効果は素晴らしいです。

夏って電車の吊り革につかまったりする時なんかには、どうしても脇の汗染みが気になりますよね?

そんな時もこのインティーを着ていれば、安心して吊り革つかまり放題です!笑

着ていて「お、グイグイ汗吸ってくれてるなあ」とかっていう実感はあまりないですけど、ふと鏡で見た時とかに「あ、確かに違うな」って感じられると思いますよ。

 

また汗染みを防止するのは着ている人にとってだけじゃなく、Tシャツにも良いことがあるんです。

実は人の汗や皮脂って、Tシャツの生地が痛む大きな原因。

そこでインティーを着ることにより、直接汗や皮脂がTシャツに染み込まないため、Tシャツそのものの寿命も伸びることが期待されるってわけ。

 

ham
ham
まあTシャツの寿命って生地の痛みだけでなく伸びや汚れなんかも関係するから、インティーだけでどれくらい伸びるかって言われるとちょっと微妙なんだけど、好きな服を大切に着るっていう意味では非常に重要なことですね。

 

と、汗染みに関してはかなり優秀なインティーですが、欲を言えば胸元がもう少し上の方まであったら胸の汗染みも防げてもっと良かったかも。

と言うのも、インティーってTシャツの襟からはみ出ないように、結構ネックが深くなってるんですよね。

ただ私みたいに汗っかきでその上胸板が厚い人って、胸のとこが汗染みになっちゃってこれが結構恥ずかしい。

Tシャツからはみ出ないように胸元がかなり開いているので、胸の汗染みは防げないかな…

 

ham
ham
まあTシャツからできる限りはみ出ないというコンセプトとの両立は難しいのかも知れませんけどねえ…

 

乳首透けもしっかりガード

乳首透けもしっかり防いでくれる(一部主張の激しい乳首は除く)

インティーを着るもう1つの目的、それは乳首透け防止です。

淡い系の色味のTシャツ、特に白Tシャツを着た時の乳首透けは、100年の恋も醒める残念ポイントですからね。

インティーはこの乳首透けをほぼ100%防いでくれます。(余程立体的なやつは防ぎきれないかも…笑)

 

また乳首が透けなくてもインティー自体が透け透けで、Tシャツの上からはっきりくっきりインティーが見えてるってのもまた残念なもの。

しかしインティーは首元や袖裾がシームレスになっているので、視覚的にもシルエット的にも透ける心配はありません。

ちなみにインティーだけじゃなくてUNIQLOのエアリズムとかのインナーって、ベージュ系の色味を選ぶとほとんど透けなくて良いですよ。(白シャツのインナーとして着る時とかもです)

胸元や裾、袖部分が全てシームレスになっているため、インティー自体も透けにくい

 

さすがに暑い

着丈が長い(タックインしてTシャツの裾からはみ出ないようにするため?)ためそれはそれは暑い

これは想像できるかと思いますが、さすがにTシャツ1枚の時よりも暑いです。

インティーを着る人って汗染みが気になる人=汗っかきな人=暑がりな人でしょうから、これは死活問題ですよね。

 

特にインティーは着丈が長くて、パンツにインするのを前提に作られているみたいなんですが、これがまあ暑い。

Tシャツからはみ出ないためにはパンツにインするのが1番なのかも知れませんが、これは結構キツいですね。

 

一応インティーはポリエステルやレーヨン混でできるだけサラッと涼しげな素材にはなっているのですが、当然ながらTシャツ1枚の方が風通しが良くて涼しいです。

こういう機能性インナーの売り文句として、「むしろ着ていた方が涼しいんです!」みたいなのってよく見かけますが、私はそういうことってほとんどないと思いますよ。

物理的に1枚多いんだから、そりゃ暑いでしょ。

 

あとインティーは結構身体に密着するような着心地になっているので、ここも好き嫌いが別れるかも。

私もTシャツ1枚の開放的な着心地が好きなので、最初はかなり違和感ありましたね。

 

Tシャツ本来の着心地みたいなものは失われる

Tシャツの中に1枚挟むということで、どうしてもTシャツ本来の着心地みたいなものは失われます。

 

服好きファッションブロガー の散財備忘録 【5月の購入品】
服好きファッションブロガーの散財備忘録【5月の購入品】服好きファッションブロガーは1ヶ月でどれくらい服を買っているのか?本記事では2020年5月の購入品を一気にご紹介します。我ながら自粛中なのに買い過ぎてるな…笑...

例えば私が持っているAURALEE(オーラリー)のラスタープレーティングTシャツみたいな、着心地のとても柔らかいTシャツはインティーを挟むことであんまりその着心地の気持ち良さはわかりにくくなるかな。

同じようにCOMOLI(コモリ)のウール天竺Tみたいな、素材の着心地を楽しむ系のTシャツはちょっと良さが消えてしまうかも。

 

でも逆に(あんまりないかも知れないけど)生地がガサガサしていたり、脇の縫い目が当たって気になるとかっていうTシャツでも、インティーを着れば気にならなくなるってこともあるでしょう。

 

ham
ham
まあぶっちゃけインティー着てればどれも同じというか。笑

 

インティー自体の着心地、肌触りは…

コットンと化繊の混紡素材で、比較的ソリッドでザラっとした触り心地

私の購入したインティーは

  • ポリエステル35%
  • コットン30%
  • レーヨン20%
  • ポリウレタン15%

の混紡素材。

これが通常モデルとなっており、さらにコットンの混紡率を上げた「綿リッチ」なるモデルも存在します。

綿リッチでは、

  • コットン55%
  • ポリエステル30%
  • ポリウレタン15%

という混紡比率となっており、より着心地や肌触りを追求したモデルと言えるでしょう。

 

さて私の購入した通常モデルのインティーの着心地は…まあまあです。笑

特に着心地抜群!ってわけでもないのですが、サラッとソリッドな質感で伸縮性もありますし、特に文句を付けるほどではないかなって。

ただし注意して欲しいのは、代表的な機能性インナーであるUNIQLOのエアリズムと比べると、グンゼのインティーはよりザラザラとしっかりしている生地感です。(一部コットンが入っているので当たり前なんですけどね)

 

あとは吸水速乾性に優れているので、汗をかいてもすぐに吸ってくれてすぐに乾いてくれるなっていう実感もできます。

ただやはり70%が化学繊維ですので、そういうのに敏感な人は少し気になるかも。

そういう人は綿リッチの方が良いかも知れませんね。

 

ham
ham
かく言う私も年齢を重ねるにつれて「化学繊維が肌に合わない」の意味が分かるようになってきてはいますが、まだこのインティーくらいなら全然気になりません。

 

グンゼ(GUNZE)のインティー(in.T)はどこで買うのがお得か?

どうせ試着できないのでネットで全然OK

インティーはインナーウェアであり、実店舗で買う場合でも試着はできません。

そんなわけで、ECサイトで購入した方が色々ポイントが付いたりシンプルに手間がかからなかったりと、あらゆる面でメリットがありますね。

 

都会も田舎も関係ない!!ファッションアイテムはECサイトで買うのが正解。 こんにちは、hamです。 実際に店舗に行って買う人やZOZOTOWNなどのECサイト(通販)で購入する人な...

 

どこで買うかはその人の生活スタイル次第

楽天、Amazon、公式サイトなど、割とどこにでも売っているインティー。

定価は1,650円(税込)でどこもほとんど価格は変わりませんね。(強いて言うならAmazonでは若干の割引が効くこともあるようです)

まあ割引きが効いたとしても100円とか200円の話なので、結局は自分の生活スタイルに合わせたところで買うことをおすすめしますね。

例えば

  • Amazonプライム会員で送料無料だからAmazon
  • 楽天ポイントを貯めてるから楽天市場
  • 安心感のある公式サイト

みたいにね。

 

 

グンゼ(GUNZE)のインティー(in.T)をステマなしで正直にレビュー】まとめ

さて今回はグンゼのインティーについて正直にレビューしてきましたが、私の評価としては、

透ける可能性のある白Tシャツや、汗染みの気になる薄い色味のTシャツを着る時は必須級

ただやはり暑いので、着なくていい時は着たくない

でした。

 

価格もそんなにお高いものではないですし、インティーを2,3着持っているだけで、安心してTシャツ1枚コーデができるようになるのは魅力的ですよね。

夏は汗染みや乳首透けをしていないってだけで、十分清潔感あるコーデになります。

特に私みたいにとにかく汗っかきだっていう人には試してみて欲しいですね。

本当に結構違いますから!

ではまた!!