購入品紹介

BATONER(バトナー)のリブクルーネックニットは、シグネチャーニットにも負けない最高のニットでした。【隠れた名作】

BATONER(バトナー)のリブクルーネックニットは、シグネチャーニットにも負けない最高のニットでした。【隠れた名作】

 

こんにちは、ham(@ham50865160)です。

 

寒くなってくると欲しくなるのがウールのニット。

ウールならではの高い防寒性とほっこりとした冬らしい見た目で、もはや冬の必須アイテムですよね。

 

今回は最高のウールニットを購入したのでご紹介したいと思います。

それがこちら。

BATONER(バトナー)のリブクルーネックニットBATONER(バトナー)のリブクルーネックニット

 

山形県のファクトリーブランド、BATONER(バトナー)のリブクルーネックニットです。

 

ham
ham
バトナーのウールニットと言えばシグネチャーニットが有名ですが、このリブクルーネックニットもシグネチャーニットに負けない、いやそれ以上の最高のニットでした。

 

おすすめのファクトリーブランド5 選
おすすめのファクトリーブランド5選。【高クオリティなのに超絶コスパ】高クオリティ高コスパとして人気のファクトリーブランド。でもなぜコスパが良いの?おすすめのファクトリーブランドは?本記事ではそんな質問にお答えしていきます!...

 

BATONER(バトナー)のリブクルーネックニットは、シグネチャーニットにも負けない最高のニットでした【隠れた名作】

シグネチャーニットはちょっと苦手…

バトナーのニットと言えば、最も有名なのはシグネチャーニットでしょう。

 

バトナーの人気に火がつくきっかけとなったアイテムでもありますし、今でも数多くのセレクトショップで取り扱われていて、バトナーのニットで1番よく見るのは間違いなくこのモデルです。

 

ham
ham
ただ私、このシグネチャーニットのデザインがちょっと苦手でして…

 

というのもシグネチャーニットって編み目が独特でして、首元から両脇へ向かってラグランスリーブの様にハの字に編み目が走っているんですよね。

複雑な編み目でバトナーのブランドとしての技術力の高さも出ていますし、もちろん見た目にもアクセントになりますし、ひと目見ただけでバトナーだなって分かるようなデザインなんですが…

 

なーんか好きになれないんですよね。

これは何か理由があるとかじゃないんですけど、直感的にカッコいいとは思わないというか、余計なデザインな気がしてならない。

さらにこれはどうも服好きの天邪鬼なところで、ひと目でブランドが分かるものはなんとなく避けたいっていう思いもあります。

 

ham
ham
というわけでバトナーのアイコンであるシグネチャーニットよりも、ぱっと見ではどのブランドか分からないようなリブクルーネックニットを選んだってわけです。

 

シンプルで使いやすい、結局これよ

BATONER(バトナー)のリブクルーネックニット結局シンプルな畦編みニットが一番使いやすい

リブクルーネックニットはいわゆる畦(あぜ)編みのニットで、言ってしまえばどこにでもあるようなデザインです。

でもね、結局これがシンプルで使いやすくて良いんです。

 

畦編みのニットって表情が豊かなので1枚で着ても情報量不足にはなりませんし、かと言ってごちゃごちゃデザインや柄があるわけではないのでインナーとして着る時にもアウターを選びません。

 

ham
ham
主役で良し、脇役でも良しの本当に万能なニットなんですよね。

 

 

作りはあのブランドと同じ?なのにコスパは抜群

ご存知の方も多いでしょうが、バトナーは奥山メリヤスというニット工場を母体とするファクトリーブランド。

そして奥山メリヤスがあのAURALEE(オーラリー)のニットも作っていたことは有名な話です。

バトナーがそれほど有名じゃなかった頃なんかは、「これオーラリーのニットを作っている工場のブランドなんですよ〜」がショップ店員の決まり文句になっていたほどでしたから。

AURALEEのリブニットオーラリー のリブニット(出典:https://www.tokyolife.co.jp/shop/humiditstore/030-0248-3743-1807

つまりバトナーのリブクルーネックニットって、オーラリーのリブニットそっくりなんですよね。

同じ工場で同じ人たちが作ってるんだから当たり前っちゃ当たり前ですけど。

もちろんオーラリーとは使っている素材だったり、シーズン毎でデザインの細かな違いはあれど、着ている状態では正直見分けが付かないほどではありますよ。

それでいてオーラリーの方は40,000円超えなのに対して、バトナーは24,200円(税込)とかなりお安くなっています。

 

おしゃれ初心者
おしゃれ初心者
要するにオーラリーの廉価版ってことでしょ?

 

確かにそうかも知れません。

でもバトナーのニットは、ハイブランドのデザインを見よう見まねで作った安っぽい廉価版とは訳が違います。

正真正銘同じ工場で同じ人たちが作った、超ハイクオリティなニットなんです。

 

ham
ham
ニット1着で2万円を超えるのは一般的に見てかなり高価であることも承知の上で、敢えて言わせてもらいますが、やっぱりバトナーのニットはそのクオリティに対してめちゃくちゃ破格だと思いますよ。

 

 

ウールの上質さが分かりやすい

BATONER(バトナー)のリブクルーネックニット上質なメリノウールは、しっとりとして全くチクチクしない上に毛玉もできにくい

バトナーのリブクルーネックニットには、上質なスーパーファインメリノウール(※)が使われています。

メリノウールとはメリノ種という羊から取られる羊毛のことで、高い防寒性となめらかな肌触りが特徴の素材です。

 

メリノウールはその繊維の細さ(糸の直径)によってランク付けがされており、

  • 16.5〜17.5μm:スーパーエクストラファインメリノ
  • 18.5〜19.5μm:エクストラファインメリノ
  • 20〜21μm:ファインメリノ
  • 23〜25μm:ストロングメリノ

※1μmは1mmの1000分の1

となっています。(この辺のランク付けは諸説あるのですが、大体こんな感じです)

そしてのリブクルーネックニットには、(おそらく)この中でも最高級のスーパーエクストラファインメリノウールが使われています。

 

ham
ham
ウールの中でも高級な方に分類されるメリノウールですが、数年前にUNIQLOがエクストラファインメリノを大ヒットさせてからは割と身近な素材になっていますよね。

 

 

ham
ham
いやーこの生地は本当に素晴らしい生地ですよ。

 

高級なウールって油分を多く含んでいて、ジワっとした光沢としっとりとした肌触りがするものなんですが、このウールはまさにそれ。

しっとりなめらかな肌触りで、非常に上品な光沢を帯びています。

 

またウールニットの弱点といえば、着た時にチクチクしてしまうこと。

これが嫌でウールニットが苦手って人も多いんじゃないでしょうか?

しかしバトナーのリブクルーネックニットなら、そんなチクチク感は全くと言っていいほどありません。

 

これはもちろん使っている素材が上質っていうのもありますが、その編み方によるものも大きいんです。

特殊な機械で時間をかけて度詰め編みすることで、編み目が立体的で肌触りはとてもソリッドな畦編みに仕上がるんですね。

そうすることでウール特有のチクチク感はなくなりますし、同時にピリングという毛玉もできにくくなるわけです。

 

ham
ham
バトナーのリブクルーネックニットは、ソリッドな生地感でチクチクはしないんですが、上質なメリノウールを使うことでしっとりとした気持ちの良い肌触りになっているんですね。

 

サイズ感はややゆったりだが、オーバーサイズではない

BATONER(バトナー)のリブクルーネックニットややゆったりとしたサイズ感だが、今流行りのオーバーサイズではない

バトナーのリブクルーネックニット(シグネチャーニットも)は、ややゆったりとしたサイジングです。

ちなみに私は179cm,76kgの比較的がっちりした体型ですが、私でサイズ3(Lサイズ相当)を若干ゆったりめのサイズ感で着ています。

 

このサイズ感に関しては、今のトレンドからするともう少しゆったりとしていてもいいのかなと思ったりもしますね。

ただまあ生地自体がかなり厚手なので、この生地で今っぽいビッグシルエットにしちゃうとボリューム満点になって、着膨れしてしまったりインナーとして着れないとかあるんでしょうけど。

総じてビッグシルエットに慣れてしまった今では少し物足りないものの、インナーで着るにはギリギリのゆったり感となっています。

 

カラー展開も豊富

リブクルーネックニットはカラー展開が豊富なのも魅力。

20AWでは

  • アイボリー
  • ライトイエロー
  • オレンジ
  • ウッディーピンク
  • ライトカーキ
  • ブルーグレー
  • ブラウン
  • ネイビー
  • ブラック

の全9色展開でして、ドメブラでは1つのアイテムにつき3色あれば多い方なのに比べると、かなりの多さだということが分かりますね。

 

ham
ham
ただもうどれも良い色でして、本当に迷っちゃいますよ。笑

 

こうやってカラー展開が豊富だと大体1つや2つは奇抜で使いにくいようなカラーが入っているもんなんですが、バトナーのリブクルーネックニットは本当に全部使いやすくて良い色。

 

オレンジやウッディーピンクなんかも一見派手に見えますが、実際はくすんだような深い色味で1枚で着てもインナーで着ても映えますし、私の購入したブルーグレーも滲むような落ち着いた大人の色味。

もちろん定番のブラウンやネイビーは汎用性抜群ですし、アイボリーも捨てがたい…

 

いや本当に選べない!笑

私のような優柔不断な人にとって、これはもはやデメリットかも知れないですね。笑

 

気になる点も…

リブクルーネックニットは確かに良いニットですが、100%完璧なウルトラスーパーニットってわけじゃありません。

 

私が少し気になるなあっていう点は、

  • 裾、袖ともにリブがしっかりめ
  • 重い
  • やや着膨れする

の3点。

 

BATONER(バトナー)のリブクルーネックニット裾のリブがしっかりしていると、着ているうちにずり上がってきてしまう

まず「リブ」クルーネックニットって言うくらいですから、裾や袖にリブが付いているわけですが、これがまあまあしっかりめ。

特に気になるのが裾ですが、裾リブがしっかりしたニットって着ているうちにどんどん裾がずり上がってきちゃうんですよね。

袖リブに関しても、やや締め付けは強めです。(袖の締め付けって嫌いな人は嫌いですよね…)

 

ただしこれはあくまで新品時。

ニットって着ているうちに編み込みが緩くなって、だんだんと伸びて柔らかくなっていくもの。

その気になれば自分でグイングイン伸ばしてもいいわけですし。笑

 

ham
ham
このニットも1年2年と着ていった時に、ちょうど良く経年変化しているかも知れませんし、私はそうなることを全力で期待しています。

 

BATONER(バトナー)のリブクルーネックニット上質なウールをたっぷり使った生地は厚みがある分、若干重く感じるかも…

次に重さですが、バトナーのこの手のウールニットは上質なウールをたっぷり使った厚手の生地が特徴です。

それ自体はすごく贅沢なことなんですが、その分重量も重くなってしまい、気になる人は気になるかも。

肩が凝るってほどではありませんが、やっぱりちょっと重いかなあとは感じますね。

 

また生地が厚くてサイズ感はゆったりとしているため、着膨れする感は否めません。

がっちり体型がコンプレックスっていう人は少し気になるかなあ…

インナーとして着る場合は、シュッとした細身のアウターは厳しいですが、今トレンドのゆったりとしたコートであれば余裕で着れるくらいではありますけどね。

 

ham
ham
どうしても着膨れが気になるって人は、ネイビーやブラックなんかのクッキリとした、輪郭を描く力の強いカラーを選ぶとスッキリと見せることができますよ。

 

【BATONER(バトナー)のリブクルーネックニットは、シグネチャーニットにも負けない最高のニットでした】まとめ

今回はバトナーのリブクルーネックニットの魅力を語ってきましたが、バトナーはリブクルーネックニットだけでなく、どれも本当の意味(ただ価格が安いというわけでなく、品質に対しての価格がとても安い)でコスパの良いニットを多く作っているブランドです。

もしこれからおしゃれを頑張っていきたいという人がいるなら、「ニットと言えば」でまずおすすめしたいブランドでもあります。

ま、その中でも1番おすすめはやっぱりリブクルーネックニットですし、シグネチャーニットに飛び付く前に一度は見てみて欲しいニットですね。

 

 

ham
ham
いやあ冬って寒くてあんまり好きじゃないんですけど、こういうハッキリと良い服を着ることができるのは良いところですよね〜

 

皆さんもバトナーの上質なリブクルーネックニットで、寒くてツラい冬を楽しく乗り越えてみてはどうでしょうか?

ではまた!!

 

crepuscule(クレプスキュール)の moss stitchプルオーバー&カーディガンを正直レビュー
crepuscule(クレプスキュール)のmoss stitchプルオーバー&カーディガンを正直レビュー。【1枚あると便利】人気のニットブランドcrepusculeの定番であるmoss stitchニットの魅力をご紹介。moss stitchニットが好き過ぎて今までに6着も着てきた私が正直にレビューしていきます。...
crepuscule (クレプスキュール) の魅力とは?
crepuscule(クレプスキュール )の魅力とは?コスパ最強のニット専門ブランド。 こんにちは、ham(ham50865160)です。 今回は夏以外の3シーズンに大活躍間違いなしのブランドをご紹介し...