Menu
はむすけ
遅咲きファッションブロガー
都内在住で普段はしがない医療従事者をしている30代既婚男性|20代後半にして突然ファッションに目覚めた服好き|素材にこだわるナチュラルなドメブラが大好き|ファッションがもっと楽しくなる情報を発信していきます

【レビュー】OAOのTHE CURVE 1は機能性・デザイン性ともに抜群のハイテクスニーカー【気になる点やサイズ感も詳しくご紹介】

OAOのTHE CURVE 1

こんにちは、はむすけです。

  • 履き心地もデザインも両方良いスニーカーってないのかなあ?
  • スポーティではなくもっとアーティスティックなデザインのスニーカーが欲しい
  • 低身長で悩んでいる…

という人いませんか?

今回はそんな人に向けて、芸術作品のようなデザイン性かつ最新のテクノロジーで履き心地も良い、そして履くだけでスタイルが良く見えてしまうという、とっておきのスニーカーをご紹介します。

OAOのTHE CURVE 1
OAOのTHE CURVE 1

それがこちらのOAO(オーエーオー)というブランドのTHE CURVE 1(ザ カーブワン)です。

この記事では実際にTHE CURVE 1を履いてみた上で、THE CURVE 1の素晴らしいデザインや履き心地の秘密、そしてちょっと気になるところまで詳しくレビューしていきます。

はむすけ

この記事を読めばTHE CURVE 1の特徴や魅力が全部まるっと分かりますよ!

※この記事はプロモーションを含みます

\THE CURVE 1はOAO公式通販から買える/

はむすけってこんな人
はむすけ
  • 嫁さん大好きな30代既婚男性
  • 20代後半で突然ファッションに目覚めた遅咲きの服好き
  • 年間100万円以上を注ぎ込む生粋の服バカ
  • シンプルなデザインで素材にこだわった服が大好き
目次

OAO(オーエーオー)ってどんなブランド?

についてレビューしていく前に、OAOというブランドについて少しご紹介していきます。

THE CURVE 1のことを早く知りたい!という人はこちらからレビューに飛べるのでどうぞ。

IT業界出身者が立ち上げたブランド

OAO

OAOは2020年にIT業界出身の人たち中心となって立ち上げたスニーカーブランドです。

ブランド名である「OAO」の由来は「One And Only(唯一無二)」であり、

都市生活を支えるスニーカー

をコンセプトに、独創的なデザインと高機能が魅力のスニーカーを作っているブランドとなっています。

はむすけ

2022年からは多くのメディアやインフルエンサーにも取り上げられていて、注目度も上がってきているブランドですよ

アートから着想を得たデザイン

OAOのデザイナー串野真也氏
OAOデザイナーの串野真也氏

OAOのスニーカー最大の特徴は、すべてのモデルがアート(芸術作品)から着想を得てデザインされているということ。

現代建築や彫刻、インターネットアートなど幅広いアートからインスピレーションを受けたデザインは、まさに唯一無二(One And Only)となっています。

はむすけ

後で詳しく紹介するけど、今回ご紹介するTHE CURVE 1は、建築家ザハ・ハディド氏の新国立競技場のデザイン案がモチーフになっているよ

都市生活に最適化された機能性

OAOの直営店

OAOのスニーカーは、都市生活を送る上で最適な機能を備えたスニーカーです。

だからスポーツスニーカーにありがちな、めちゃくちゃ耐久性があるとかクッション性がもの凄いとか、日常生活ではオーバースペックとも言えるような機能は盛り込んでいません。

あくまで「普段の生活の中で必要十分な機能を持ち、それでいてデザインが素晴らしい」というのがコンセプトとなっているんですね。

ただし決してローテクというわけではなく、すべてのモデルにビブラム社製のソールを使っていたりと、私たちが生活する上では十分ハイテクと言える機能は備えていますけどね。

はむすけ

OAOはミッドソールもボリューミーなものが多いので、クッション性が高い上に身長も盛れちゃうってところがまた嬉しいんですよね

また高機能という点では、OAOでは全モデル購入時にオプション(別途3,800円)で撥水・防汚加工を施すことができます。

京都で着物や振袖を取り扱っている工場が施す撥水・防汚加工は、市販の撥水スプレーの約3倍の効果があるとされており、大切なスニーカーを突然の雨や汚れから守ってくれる心強い味方ですね。

OAOの芸術的なデザインのスニーカーは汚れや経年変化を楽しむというタイプではないですし、水や汚れを気にせずガンガン履くためにも、ぜひOAOのスニーカーを買った際には付けて欲しいオプションですよ。

サスティナブルでエシカルなスニーカー作り

ECCO社のレザー工場

デザインや機能にこだわっているOAOですが、サスティナブルなスニーカー作りにも注力しています。

OAOで採用されているECCO社のレザーは、DriTan(ドライタン)という独自技術で水の大量消費や汚染を抑えたレザーとなっています。

さらにECCOレザーは食肉用の動物から採られる皮を使用しているので、革作りのために動物を殺すことがないエシカル(倫理的な)なレザーとも言えます。

はむすけ

これからの時代のブランドには当然のようにサスティナブルやエシカルへの配慮が必要とされますから、OAOはその点もしっかり押さえてくれているということです

またOAOの最新作であるSUNLIGHTではリアルレザーではなくフェイクレザーを使っていたりと、さらに環境へ配慮したスニーカー作りをしていますね。

OAOというブランドについてや、OAOの他のモデルについてはこちらの記事でさらに詳しくご紹介しているので、気になった人はぜひ読んでみてください。

【レビュー】OAOのTHE CURVE 1は機能性・デザイン性ともに抜群のハイテクスニーカー【気になる点やサイズ感も詳しくご紹介】

改めてですが、今回私がレビューするアイテムの概要はこちらとなります。

ブランドOAO
アイテムTHE CURVE 1
シーズン(購入時期)2022年春夏
カラーブラック
サイズ27cm
素材 アッパー:ECCOレザー
ソール:ビブラムソール
価格28,600円(税込)
今回レビューするアイテムの概要

芸術的建築をモチーフにしたデザイン

ザハ・ハティド氏のデザイン案
ザハ・ハティド氏による新国立競技場デザイン案

OAOのスニーカーはすべてのモデルが何らかのアート作品から着想を得てデザインされていますが、THE CURVE 1のデザインソースは世界的な建築家であるザハ・ハディド氏が設計した新国立競技場のデザイン案です。

はむすけ

惜しくも実現はしなかったデザイン案ではありますが、そのあまりの美しさと近未来感は当時見ていて衝撃を受けたのを覚えています

OAOのTHE CURVE 1

ザハ氏の建築は美しい曲線が散りばめられた繊細で複雑なデザインが特徴ですが、THE CURVE 1ではアッパーの細かいレザーパーツとメッシュの素材使いでそれを再現しています。

さらに後述するゆりかご型のソールも、曲線を描くという意味ではザハ氏の建築のエッセンスが含まれているように感じますね。

OAOのTHE CURVE 1

また繊細なアッパーデザインと少しゴツめのソールとのコントラストも非常に美しい。

THE CURVE 1はザハ氏の建築のように、柔らかな曲線美によってどこか女性的で上品な雰囲気になっていますね。

はむすけ

建物がモチーフになっているスニーカーなんてちょっと他ブランドじゃありえないですし、OAOらしいとてもおもしろいデザインですよね

ゆりかご型のビブラムソールで軽快な歩き心地を実現

OAOのTHE CURVE 1
ゆりかご型のソールで歩き心地を軽快に

THE CURVE 1の特徴として、独特なゆりかご型のソールがあります。

これはVibram RollinGait System Soleというビブラム社製の特殊なソールで、踏み込んだ時にソールが回転運動をすることで自然と足が前に出るような構造になっています。

そうやって歩く時の疲労感を軽減してくれて、ボリューミーな見た目ながら非常に軽快な歩き心地となっているわけです。

はむすけ

実際に歩いてみるとグングンと足が勝手に前に出るような感覚があって、長時間歩いていても疲れにくいので、買い物とかで1日中歩き回る日なんかは自然とTHE CURVE 1を選んでしまいますね。

OAOのTHE CURVE 1
凹凸のしっかりついたソールはグリップ力も抜群で歩きやすい

またビブラム社製のソールということで当然グリップ力も非常に高く、地面をしっかりと踏み締めることができるため、その点でも歩き心地が良くなっていると思います。

凹凸が付いていて滑りにくいので、雨の日の濡れた地面でも安心して歩くことができますね。

はむすけ

オプションの撥水加工と合わせると最強の雨の日靴にもなるよ

\最強の雨の日スニーカーにも/

極厚ソールで身長が盛れるのは全男子が嬉しいポイント

OAOのTHE CURVE 1
極厚のゆりかごソールは身長も盛れちゃう

THE CURVE 1のゆりかごソールは軽快な歩き心地だけでなく、身長が盛れるというメリットがあります。

ちなみにソールの厚さは約5cmとなっており、履くだけで自然に身長が高く見えるっていうのは男子だったら誰でも嬉しいんじゃないかな?

はむすけ

もしあなたが175cmだったら夢の180cm台に突入ですし、170cmの人も平均身長を超えられるわけです

また極厚ソールはクッション性を高めて歩く際の足への負担も減らしてくれるので、THE CURVE 1はゆりかご型のローリング効果と合わせて、とにかく足に優しいスニーカーだと言えるでしょう。

モードからストリートまで、幅広いスタイルに合わせやすい

OAOのスタイルフォト

THE CURVE 1は見ての通りかなりボリュームのあるデザインなので、コーディネートを足元からしっかりと支えてくれて色んなスタイルに合わせやすいのも魅力。

細身のパンツと合わせてメリハリをつけるも良し、モノトーンコーデでモードにキメても良し、今トレンドのワイドパンツと合わせてストリートスタイルにしても良しということで、かなり合わせやすいスニーカーなんじゃないかと。

ただしTHE CURVE 1自体にしっかりと存在感があるので、あんまりトップスやパンツをごちゃごちゃさせ過ぎると全身で見てもごちゃっとした印象になっちゃうかな。

逆に中途半端にごちゃっとさせるくらいなら、思いっきりストリートに振るとか思いっきりモード感を出してみると良いかも知れませんね。

はむすけ

私はモノトーンコーデやシンプルなデザインの服に合わせて、THE CURVE 1の存在感を際立たせるイメージで履いています

気になるサイズ感は?

THE CURVE 1のサイズ展開は23〜28cmまで1cm刻みとなっており、ハーフサイズ(0.5cm)はありません。

サイズ感はごく一般的で、作りとしては特に大きくも小さくもないので、普段履いているスニーカーのサイズで選んでもらって大丈夫です。

ZOZOMATの計測結果
ZOZOMATの計測結果

私はこのような足のサイズ感で普段はスタンスミスやオールスターを27.5cmで履いていますが、THE CURVE 1は27cmで特にキツくも緩くもなく快適に履けていますよ。

私のように普段はハーフサイズ(〇〇.5cm)を履いているという人は、好みにもよりますが基本的には0.5cmは切り捨てで小さい方のサイズでいいんじゃないかなと。(部分的ではありますが、アッパーにはレザーも使われていて履いているうちに足に馴染んでくると思いますしね)

なおOAOの公式オンラインストアでは商品到着から14日以内であればサイズ交換が完全に無料なので、通販で買う場合でも安心ですね。

はむすけ

交換手数料はもちろん交換時の往復の送料も無料なので、本当に気軽に試すことができますね

また公式オンラインストアでは、サイズサポートとしてチャット形式でサイズ感に関する質問にも答えてくれるので、少しでもサイズに不安があるようだったら直接聞いてみるのも良いと思います。

\サイズ交換完全無料&サポートも充実/

THE CURVE 1を実際に履いてみて、ちょっと気になった点

このようにTHE CURVE 1は本当に素晴らしいスニーカーなんですが、実際に履いてみるといくつか気になる点も出てきます。

そこでここからは、THE CURVE 1を実際に履いてみて少し気になった部分を正直にご紹介していきましょう。

安定感のない履き心地は意外と好みが分かれそう

THE CURVE 1の大きな特徴でもあるゆりかご型のソールは、足をグングンと前に押し出してくれて歩くのが楽というものですが、言い換えれば地面をしっかりと踏み締めることができないので、割と好みの分かれる履き心地だと思います。

歩く分には本当に軽い歩き心地なんですけど、立っているだけだと極厚のソールも相まって結構グラグラするんですよね。

もちろん1日中歩き回る時なんかはすごく重宝する機能なんですけどね…

特に直立で動くことの少ない立ち仕事の人なんかは、バランスが悪くて逆に疲れるかも知れません。

ただこのゆりかごソールの履き心地が好みに合うのであれば、歩き心地は良いし身長も盛れる、コーディネートにも合わせやすいということで、極厚ソールは良いこと尽くめと言えるでしょう。

スニーカーとしては価格がちょっと高い…

THE CURVE 1の価格は税込で28,600円。

正直なことを言うと、新しいブランドでブランドネームがない割にはちょっと高いかなあ…

3万円出せば割とちゃんとした革靴買えちゃいますからね。

とはいえ芸術的建築からインスピレーションを受けたデザインや高機能かつ身長も盛れるソール、環境に配慮したレザー素材に撥水加工のオプションなど、他のブランドにはない魅力もたくさん詰まったスニーカーなので、決して高過ぎるということはないと思います。

ブランドネームのなさも言い換えれば知る人ぞ知るブランドってことですし、匿名性は他人と差を付けるには必要な要素ですしね。

はむすけ

みんなが知らないブランドのアイテムを身に着けるっていうのは、おしゃれさんの必須条件みたいなもんですから

で、結局THE CURVE 1って「買い」なの?

スニーカーはデザインで選ぶ派なら「買い」

OAOのTHE CURVE 1

THE CURVE 1は履き心地の良さやサスティナブルな製法などもさることながら、最大の魅力はやっぱり見た目(デザイン)でしょう。

幻の新国立競技場をモチーフにしたという繊細で美しいデザインは、なかなか他のスニーカーでは見ることができませんからね。

だからスニーカーにデザイン性やアート性を求める人にとってはたまらないんじゃないかな?

また芸術や建築が好きだっていう人にもおすすめしたいスニーカーですね。

逆に言うと、「スニーカーはローテクな方が好き」だったり「機能盛り盛りなスニーカーしか勝たん」っていう人にはおすすめできないかも…

価格はやや高いですが、THE CURVE 1の美しいデザインにビビッと来たというのであれば、間違いなく「買い」なスニーカーなんじゃないかなと思いますよ。

\デザインが気に入ったなら「買い」

似たようなスニーカーと比べてみると…

ホカのボンダイ7(出典:https://www.hoka.com/jp/bondi-7/1110518.html?dwvar_1110518_color=BGBT

「THE CURVE 1と似たようなスニーカー」というとまず間違いなく挙がってくるのが、ホカ(旧ブランド名はホカオネオネ)のボンダイでしょう。

ボンダイは高機能なミッドソールが実現する抜群のクッション性で、ランニング中の足への負担を極限まで減らしたという、元々は完全に競技用(ロードランニング)のシューズ。

なので正直なところ純粋な履き心地だけならボンダイの方が良いです。

繰り返しになりますが、OAOは「シティライフに必要十分な機能性」をコンセプトとしているので、THE CURVE 1は究極に履き心地が良いってわけではないんですよね。

ゆりかご型のソールや極厚ミッドソールで確かに歩き心地・履き心地は良いんですが、「ふわっふわのクッション性」とか「雲の上を歩いているような感覚」って言われると、ぶっちゃけそうでもない。

やはりレザーを使っていない分ボンダイは軽いですし、本格的なロードランニング用に開発されたミッドソールは驚くほどふかふかですからね。

ただやはりデザインは圧倒的にTHE CURVE 1の方が優れていると思います。

アッパーにはレザーが使われていてシックな印象ですし、曲線が多く使われたデザインも美しい。

ボンダイは街履き用ではないので、よく見るとかなりスポーティですからね。

価格もそこまで変わらない(ボンダイは税込23,100円)ですし、単純に履き心地を重視するのか見た目を重視するのかで選んでいいんじゃないかと思いますよ。

はむすけ

あとはボンダイはちょっと流行り過ぎた感じもあるので、他人と被らないという点ではTHE CURVE 1がおすすめです

OAOのTHE CURVE 1は機能性・デザイン性ともに抜群のハイテクスニーカー】まとめ

THE CURVE 1は芸術的建築をモチーフにした高いデザイン性と、高機能ビブラムソールが生み出す軽快な履き心地が魅力のハイテクスニーカーです。

ブランドの知名度や価格の面で言うとちょっとだけ勇気が必要な買い物にはなりますが、私が実際に履いてみた感想としては、端的に買って後悔のないスニーカーだと思いますよ。

はむすけ

もうね、シンプルに見た目がカッコいいんですよね

この記事を読んでTHE CURVE 1が気になったという人は、ぜひOAOの公式オンラインストアを覗いてみてください。

ではまた!!

\サイズ交換完全無料&サポートも充実/

最後まで読んでくれたあなたにはこちらの記事もおすすめ!!

OAOのTHE CURVE 1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる