Menu
はむすけ
遅咲きファッションブロガー
都内在住で普段はしがない医療従事者をしている30代既婚男性|20代後半にして突然ファッションに目覚めた服好き|素材にこだわるナチュラルなドメブラが大好き|ファッションがもっと楽しくなる情報を発信していきます

【レビュー】forme(フォルメ)のShort Walletは「もう一生これで良いわ」ってくらい最高の財布でした

formeのショートウォレット

こんにちは、はむすけです。

  • シンプルで上質な財布を探している
  • 最近キャッシュレスにしてるから小さめの財布が良い
  • 知る人ぞ知るブランドの財布を使いたい

今回はこんな人に向けて、私が今まで使った中で最も素晴らしく「あーもう一生この財布でいいや」って思える財布をご紹介します。

その財布がこちら。

forme(フォルメ)のShort Wallet

forme(フォルメ)というブランドのショートウォレット(Short Wallet)です。

formeのショートウォレットはシンプルで上質、そして今の時代にぴったりのサイズ感で、本当に素晴らしい財布なんですよね。

はむすけ

「これみよがしなブランド物の財布は嫌だ」っていう人にも、とてもおすすめできる財布ですよ!

はむすけってこんな人
はむすけ
  • 嫁さん大好きな30代既婚男性
  • 20代後半で突然ファッションに目覚めた遅咲きの服好き
  • 年間100万円以上を注ぎ込む生粋の服バカ
  • シンプルなデザインで素材にこだわった服が大好き
目次

forme(フォルメ)とは?

ショートウォレットについてレビューする前に、forme(フォルメ)というブランドについて簡単にご紹介していきます。

ショートウォレットのことを早く知りたいという人はこちらからレビューに飛べます。

浅草にアトリエを構えるこだわりの革靴ブランド

forme(フォルメ)は浅草にアトリエを構える日本の革靴ブランド。

デザイナーは小島明洋さんという方で、浅草の熟練の職人さんたちと綿密なコミュニケーションを取りながら、日本人らしい繊細で美しい革靴を作っています。

ここ最近は雑誌やブログなどのメディアで取り上げられたり、取り扱いのあるセレクトショップも増えてきていて、目に見えて人気が出てきているブランドでもありますね。

私自身formeは大好きなブランドでして、最初に買ったformeのプレーントゥシューズは今でも1番気に入っている革靴です。

日本人に合った靴作りと、その結果として生まれる美しさ

formeのボタンシューズ
やや丸みを帯びたフォルムは本当に美しい

そんなformeの1番の魅力は、日本人の足に合った靴作りをしているということ。

小島さんが木型からデザインし浅草の職人さんたちが手作業で作り上げる革靴は、履き始めから本当に足馴染みが良くて靴擦れという言葉とは無縁、履き心地が抜群なんですよね。

そして履き心地だけではなく、日本人の小さな踵を包み込むヒールカップや土踏まずをなぞるように湾曲したソールなど、曲線的なシルエットは見事なまでに美しい。

しかもこれらのディティールは履き心地を追求した結果のもので、デザインのためのデザインではなく機能のためのデザイン。

見栄えではなく機能を追い求めた結果として美しくなるっていうところも、何とも日本的でたまらないんですよね。

はむすけ

まさに機能美ってやつですね

革小物も名作揃い

今回ご紹介するショートウォレットもその1つなんですけど、formeは革靴以外の革小物も最高に素晴らしい。

むしろ革小物でこそ、熟練の職人さんによる手仕事の繊細さであったり魅力というものを最大限に感じられるんじゃないかと思うほど。

特に財布類は長財布からコンパクトウォレット、コインケースまで様々な種類がありますから、良い財布を探しているっていう人はまずformeを見てみると良いかも知れませんよ。

はむすけ

私は革靴と財布の他に、formeではベルトも持っています

【レビュー】forme(フォルメ)のShort Walletは「もう一生これで良いわ」ってくらい最高の財布でした

先に言っておくと、今回レビューするformeのショートウォレットについての詳細はこんな感じです。

ブランドforme(フォルメ)
アイテムShort Wallet
シーズン2021年春夏
カラーブラック×ブラウン
サイズ12×8.5×2.5 cm
素材表:ベビーカーフ
裏:SHF
価格29,700円(税込)
今回レビューするアイテムの概要
はむすけ

それではformeのショートウォレットのどこが一体そんなに良いのか、細かく見ていきましょう!

多種多様な革種から組み合わせられる

今回私が使っているものは外側にベビーカーフ、内側にSHFという革を使用したものですが、formeの財布はその他にも多くの革種の組み合わせが可能。

しかも主な革種は以下のように世界の有名タンナーのものばかりです。

formeで使っている革の種類
  • ベビーカーフ
  • コードバン(ホーウィン社)
  • ティグレスレザー(ティグレス社)
  • エンボスレザー(ペリンガー社)
  • バケッタレザー(GUIDI社)
  • SHF(ホーウィン社)
はむすけ

こうやって好きな素材を組み合わせられるのは嬉しいよね

革種についてはformeのアトリエや全国の取り扱いショップで定期的に行っている受注会で自分好みにオーダーできます。

また取り扱いショップによって入荷している素材の組み合わせも違ってくるので、既製品でも多くのバリエーションから選ぶことができるのも嬉しいところ。

ただしショートウォレットはformeの中でもかなりの人気アイテムで入荷後すぐに完売しているショップもちらほらあるので、ゆっくりと選んでいる暇はないかも知れませんけどね…

はむすけ

特にBLOOM & BRANCHなどの有名ショップの別注モデルは、本当に一瞬で即完することもあります

ちなみに地方在住であったりこのウイルス禍で受注会に行けないって人は、formeの取り扱いショップに問い合わせればショップ経由で個人オーダーすることも可能。(私は上の記事でご紹介しているプレーントゥシューズを取り扱いショップ経由で個人オーダーしました)

なお価格は素材によって変わってきまして、私が購入したベビーカーフ×SHFなど多くの場合では29,700円(税込)ですが、一部コードバンやバケッタレザーなどの場合は3〜5万円程度になることもあります。

上質なベビーカーフを使用

キメの細かい上質なカーフレザー

さて、私の購入したものは表側は上質なベビーカーフ(※)となっています。

formeでは革靴でもベビーカーフを使ったものが人気だったりするので、「formeと言えばベビーカーフ」というイメージの方もいるかも知れませんね。

そんなformeが使うベビーカーフは当然上質なもので、キメが非常に細かくて美しい光沢を帯びています。

formeのshort wallet
きめ細かいベビーカーフの魅力を最大限活かす、繊細なステッチングも魅力

また手触りは本当にサラサラで、まるで赤ちゃんの肌のよう。(事実、牛の赤ちゃんの肌です)

新品時が美し過ぎるため、使用による傷が付いてしまうのがどうしても不安になっちゃいますけど、ベビーカーフは使い込むほどにツヤを増す豊かな経年変化も大きな魅力。

敢えてガシガシ使って自分だけのツヤを出していくっていうのも良いかも知れませんね。(ただしベビーカーフは繊細なため、通常の革よりも丁寧にケアを行ってあげる必要があります)

約10ヶ月使ったformeのショートウォレット
約10ヶ月使ったformeのショートウォレット

ちなみに上の写真が約10ヶ月使用した時点での経年変化の様子。

バッグの中にポーンと入れたりしてまったく気を使わずにガシガシ使っており、クリームを塗ったりというケアは特にしていません。(財布は革靴と違って使用する度に手の脂が付くので、クリームなどで油分の補給はしなくて良いと言われています)

元が繊細な革質なためやや小傷は目立ちますが、少しずつ深いツヤが出始めてきたりボタン部分にアタリが出ていたりと、だんだんと渋い雰囲気になってきているのがたまりませんね。

ちなみに…

ベビーカーフ(baby calf)とは生後3ヶ月以内の仔牛から採られた革で、高級革として知られるカーフレザー(生後6ヶ月以内に採られる)よりもさらにキメが細かく柔らかいのが特徴。

牛革は採取される牛の年齢によって以下のように分類されます。(この分類に関しては厳格に決まったものではないため、資料によって多少の違いはあります)

  • 生後3ヶ月以内:ベビーカーフ
  • 3ヶ月〜6ヶ月:カーフレザー
  • 6ヶ月〜2年:キップレザー
  • 2年以上(出産経験のあるメス):カウレザー
  • 2年以上(去勢されたオス):ステアレザー
  • 2年以上(去勢されていないオス):ブルレザー

ベビーカーフは仔牛の身体が小さく採れる量が少ないこと、生まれて間もないため傷なども少ないことから非常に繊細な革質になるため、牛革の中でも最高級とされ超高級紳士靴なんかにもよく用いられます。

4枚のレザー

内側のSHFレザーも良いアクセントになっている

表側の繊細で美しいベビーカーフとは対照的に、裏側にはSHFと呼ばれる馬革が使われています。

そして実を言うと、個人的にはこのSHFがかなりのお気に入りポイント。

はむすけ

formeのshort walletは、表側の繊細なベビーカーフと裏側の粗野で雰囲気のあるSHF、このコントラストがたまらないんですよ

SHFとはSingle Horse Frontの略で、馬のお尻からコードバンを取り除いた部分の裏革のこと。(コードバンは馬のお尻からごく少量採れる非常に高価な革)

本来馬のお尻の革というのは傷がたくさんあるものなんですが、SHFでは裏革を使っているのでややシワ感はあるもののなめらかな革面となります。

またSHFにはロウが多く塗り込まれていることで、使い始めからしっとりと手に馴染むだけでなく、使い込むうちに色は濃くツヤはさらに強くなるという味わい深いエイジングを楽しめるのも魅力。

はむすけ

手に持っていてもカッコいいし、使う時に開くともっとカッコいい…いやもう最高の財布ですよ

お札も入る完璧なサイズ感

「formeのショートウォレットの1番の魅力は何か?」と聞かれたら、私はサイズ感だと思うんですよ。

お札が2つ折りですっぽり収まるサイズ感で、一般的なコンパクトウォレットと呼ばれる財布と比べると一回り大きいと思うんですけど、私にはこのサイズ感がパーフェクトだったんですよね。

よくあるコンパクトウォレットって「お札も入ります!」って謳ってる割に、実際は3つ折りや4つ折りにしてカードスペースに詰め込むだけっていうのも多かったりして、やっぱり個人的にはコンパクトウォレットでもお札もしっかり入れたいっていうのがあったんです。

その点formeのショートウォレットはお札もすっきりと収まってくれる。

はむすけ

いやーようやく納得行くものに出会えましたよ

硬貨とカードを入れてこのくらいの厚みになる

2つ折りなので厚みは控えめながらも収納力はしっかりありますし、私は小銭やお札の他にカードを5枚ほど入れていますが、それでもパンパンに膨らんで不恰好になるなんてことはないです。

ただし3センチくらいはあるので、パンツの後ろポケットに入る厚みではないってとこは注意が必要ですね。

はむすけ

完全に入らないってことはないんですけど、ポケットが膨らんで不恰好になりますし、パンツや財布を傷めないためにも後ろポケットには入れない方が良いですよ

硬貨もしっかりと入ってくれる

女性や小柄な人にとっては少し大きく感じるかも知れませんが、私のような体格の人なら大体手にすっぽり収まるくらい。(ちなみに私は179cm75kgです)

手に持った時にすぅっと吸い付くように馴染むサイズ感が本当にちょうど良くて、持っていて気持ち良さすらあるんですよね。

はむすけ

これ以上でも以下でもない、完璧ぴったりこのサイズじゃなきゃダメなんです

179cmの男性が手に持ってこれくらいのサイズ感

キャッシュレスが浸透した今だからこそ使いたい財布

おしゃれ初心者

でも最近はほとんどスマホで支払いは済ませるから、良い財布なんていらないんじゃない?

確かに最近本当に財布というものを使わなくなりましたよね。

でもね、キャッシュレスが進んで財布をあまり出さなくなった今だからこそ、財布にはこだわって本当に大好きなものを使いたい、と思うのは私だけでしょうか?

この先もきっと日本から硬貨や紙幣が全くなくなるってことはないでしょうし、全国民が財布を持たなくなるなんてこともないでしょう。

たまにしか使わないけど、たまに使う時にその財布が上質で自分がとびきり気に入っているものだったらテンション上がりますし、たまにしか使わないからこそ、その人のセンスがはっきりと表れるってもんですから。

はむすけ

こうやって身の回りのものをお気に入りのもので揃えていくと本当に毎日が楽しく、充実したものになりますよね

formeというブランドの匿名性もたまらない

formeって最近になって服好きの間では人気が出てきているブランドではありますけど、一般の人の認知度ってほぼ0に等しいです。

でもこれが服好きにとってはたまらないポイント。

私は財布ってその人の個性だったり人間性がはっきりと出るものだと思っていて、使っている財布によってその人のイメージって左右されたりするものです。

「あ、この人見た目はおとなしそうなのに意外とゴリゴリのブランドもの使ってるんだー」みたいなね。笑

そして私のように「良い財布が使いたいけどあからさまなブランドものは嫌だな…」って思う人も多いでしょう。

その点formeの財布って服好きじゃない人が見ても、「どこのブランドのものかはよく分からないけど、とりあえずすごくセンスは良さそう」感出てると思うんですよね。

はむすけ

まあ完全に自己満足だし、周りの人は私の使っている財布になんて全く興味ないでしょうけど、私がそこに魅力を感じているならそれでいいんですよ

で、結局formeのショートウォレットって「買い」なの?

シンプルなコンパクト財布を探しているなら、間違いなく「買い」

おしゃれ初心者

で、結局formeのショートウォレットって「買い」なアイテムなの?

という質問に対する私の答えは、

シンプルかつ機能的なコンパクト財布を探しているなら、これ以上を探すのは難しいってくらいに「買い」

です。

革質の上質さとカスタム性、お札もきれいに入る完璧なサイズ感、ブランドの匿名性…

formeのショートウォレットはどれを取っても私にとって完璧な財布であることは間違いありませんし、私と同じような条件で財布を探しているという人には自信を持っておすすめできます。

はむすけ

今までの人生でいくつか財布を変えて使ってきましたけど、「ああもう一生この財布で良いな」って本気で思える初めての財布でしたから

ただし何度も言うようにformeというブランドは匿名性が魅力でもあるので、「華やかなハイブランドの財布が使いたい!」とか「財布をステータスとして考えている」という人はやめておいた方が良いでしょう。

似たようなアイテムと比較してみる

formeではショートウォレット以外にも、ハンドウォレット(Hand Wallet)チェンジパース(Change Purse)といったコンパクト財布があります。

formeのハンドウォレット
ハンドウォレット(出典:https://lbr-wh.com/shopdetail/000000001612/

ハンドウォレットはショートウォレットとほぼ同じくらいのサイズ感となっていますが、札入れがないためお札は三つ折りにしてしまうことになります。

まあその分ショートウォレットよりは厚みがなくなるので「財布は絶対パンツの後ろポケットに入れたい!」っていう人にはハンドウォレットもアリだとは思います。

ただ私のようにあまりお札を折りたくないって人には、俄然ショートウォレットの方が合っていますね。

formeのチェンジパース
チェンジパース(出典:http://bloom-branch.jp/blog/2018/07/67048.html

チェンジパースはショートウォレットやハンドウォレットよりもさらに一回り以上小さくなった、かなりコンパクトな財布。

その名の通り小銭(お釣り)を入れるための財布なので、この財布をメインにするというよりは、サブとして「ちょっとコンビニまで」くらいの時に使うためのものでしょう。

札入れは当然なくって、小銭入れとカードが1、2枚入るスペースがあるのみと、機能的にも非常にミニマルな財布となっています。

「もう完全にキャッシュレスにしてるからとにかく財布は小さいものが良い」という人や「カードケースは他で持ってるからコインケース的な財布が欲しい」という人にはアリかも知れませんね。

さらにforme以外のブランドで、formeのショートウォレットと似たような価格帯やサイズ感の財布というと、Hender Scheme(エンダースキーマ)のLジップパースや二つ折り財布あたりが思い付くところ。

エンダースキーマのLジップパース
Lジップパース(出典:https://cotyle.com/?pid=127239744
エンダースキーマの二つ折り財布
二つ折りウォレット(出典:https://cotyle.com/?pid=137562083

どちらもformeのショートウォレットよりも価格が安く(Lジップパース:26,400円、二つ折りウォレット:16,500円)、かつサイズ感もややコンパクトになります。

またエンダースキーマはformeに比べて知名度が高いブランドになるので、「そこまで知る人ぞ知るじゃなくていいけど、ちょっとセンス良い感じは出したい」っていう人にも良いかも知れません。

はむすけ

ちなみにエンダースキーマもformeも浅草のレザーブランドということで、結構似ているところがあるんですよね

【forme(フォルメ)のShort Walletは「もう一生これで良いわ」ってくらい最高の財布でした】まとめ

私もこれまでいくつかの財布を使ってきましたが、ようやく「もう一生これで良いわ」って思える最高な財布に出会えました。

新品時の美しさも魅力的ですが、これから先何年も使い込んで自分だけのアジを出しまくっていきたいですね。

価格的にはプレゼントにもぴったりな財布だと思うので、男性だけでなく女性にも、とにかく色んな人に見て欲しい本当に素晴らしい財布ですよ。

ぜひ皆さんも一度見てみてください。

ではまた!!

最後まで読んでくれたあなたにはこちらの記事もおすすめ!!

formeのショートウォレット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる