ファッション小物

何が違うの?CONVERSE USAの名作CT70をレビュー。(前編)

 

こんにちは、hamです。

皆さんはCONVERSE(コンバース)のスニーカーって持っていますか?

コンバースはadidasやNIKEと並んで超有名ブランドなので一度は履いたことのある人がほとんどでしょう。

そんなコンバースの定番でおそらく1番人気のモデルがALL STAR(オールスター)

 

【送料無料】 コンバース スニーカー レディース CONVERSE キャンバス オールスター ロウカット CANVAS ALL STAR OX ローカット 靴 定番シューズ (ブラック ホワイト ネイビー レッド) 【あす楽配送】
created by Rinker

 

皆さん1度は見たことあるでしょうし、ALL STARはアディダスのStan Smith(スタンスミス)やナイキのAir Force 1 (エアフォースワン)などと共にブランドの顔とも言えるモデルですね。

ちなみに私は最近スタンスミスも購入していまして、そちらについてはこちらの記事で紹介しています。

 

究極の白スニーカー。HOME OF CLASSICSのスタンスミス RECON(リーコン)購入レビュー。 こんにちは、ham(ham50865160)です。 メンズファッションには欠かせないスニーカー。 ...

 

 

さてALL STARに話を戻します。

実はこのALL STAR、昔は名前が違っていたんですが知っていましたか?

 

その名もChuck Taylor(チャックテイラー)。

 

一般的に1940〜70年代に作られていたものをチャックテイラーと言い、ヒールパッチやソールなど現行のALL STARとは異なる点がいくつかあります。

その中でもファッション好きに人気を博しているのが、70年代に作られていたチャックテイラーを復刻したChuck Taylor 70’s(CT70)と呼ばれるモデル。

今回はCT70を2年ほど履いた私が、CT70の良い点・気になる点などを正直にレビューしていこうと思います。

 

※今回の記事は長くなってしまったので2記事に分け、前編はCONVERSEやALL STARについて、後編はCT70のレビューになります。

今回はその前編です。

 

ALL STARの種類について

CT70についての話をする前に、ALL STARにはCT70の他にも様々なモデルが存在しますのでまずはそちらについて簡単にご紹介します。

日本のCONVERSEと海外のCONVERSE

まず最初に押さえておきたいのが、日本CONVERSE海外のCONVERSEは全くの別会社であるということ。

CONVERSEは元々アメリカのシューズブランドでしたが、現在日本のCONVERSEはCONVERSE JAPAN(伊藤忠商事)という会社が、海外のCONVERSEはCONVERSE USA(ナイキ傘下)が作っています。

通常海外ブランドのアイテムも日本に輸入することで日本国内で販売することができますが、CONVERSEに関しては日本と海外で別会社が存在するため少しややこしいんですよ。

 

結論から言うとCONVERSE USAの商品は基本的に輸入販売ができません。

つまり私たちが日頃ABCマートなどで見るCONVERSEは全てCONVERSE JAPANの商品ということになります。

 

【送料無料】 コンバース スニーカー レディース CONVERSE キャンバス オールスター ロウカット CANVAS ALL STAR OX ローカット 靴 定番シューズ (ブラック ホワイト ネイビー レッド) 【あす楽配送】
created by Rinker

 

そして今回ご紹介するCT70CONVERSE USAの商品になりますので、日本では比較的手に入れるのが困難なアイテムではあります。

しかし困難なだけで不可能ではありません。

CONVERSE USAの輸入販売ができないのは、CONVERSE JAPANの親会社である伊藤忠商事が競合他社であるCONVERSE USAの輸入を規制しているからなのですが、一応「(営利目的でない)個人での使用なら輸入OK」という抜け穴はあるようです。

CT70などのCONVERSE USAの商品はこの抜け穴を通って日本に輸入され、細々と販売されているのが実状。

つまり個人レベルやショップレベルでの少数輸入は可能といえば可能なので、日本でも一部のセレクトショップや古着屋さん、メルカリなどで個人販売している人からは購入できます。

しかしこれって結局輸入販売しているわけですから実際はグレーゾーンであり、過去にはセレクトショップが輸入しようとして関税で引っかかり没収されたという事例もあるそうです。

 

まあ手に入りにくいとわかると余計に欲しくなってしまうのが人間ですから、そういった状況もCT70の人気のワケなのかもしれませんね。

 

様々な高級ALL STAR

CT70をご紹介する前に、まずはCT70と比較されることの多い高級ALL STARについてご紹介します。

 

ALL STARを履いたことがある人は多いと思いますが、

 

ALL STARって見た目はカッコいいけど履き心地がな〜

 

と感じたことのある方も多いのではないでしょうか?

確かにABCマートなどで売られている通常モデルは定価で6,264円(税込)と安いですし、決して履き心地を売りにしているスニーカーではありません。

現にソールはペラペラだし歩いているとかなり足が疲れますよね?

ALL STARは元々バスケットシューズとして生まれたことは有名ですが、私も「昔の人はよくこんなスニーカーを履いてバスケしていたな〜」と思っていました。笑

 

しかしALL STARにはいくつかの高級モデルも存在するのです。

高級ALL STARはどれも通常モデルとは比べものにならない履き心地となっています。

(ちなみに以下でご紹介する価格はキャンバス生地のハイカットモデルの価格です。)

 

MADE IN JAPANモデル

私たちが普段目にするALL STARはCONVERSE JAPANが製造していると上でご紹介しましたが、その通常モデルの製造国は安く作れる東南アジアが中心です。

そこで日本製のALL STARとして作られたのがALL STAR Jというメイドインジャパンモデル。

 

 

ヒールパッチに「MADE IN JAPAN」の文字が入っているので一目で分かりますね。

こちらのモデルでは、アッパーのキャンバスが上質、コットン素材のシューレース、ふかふかのインソールなど通常モデルとは一線を画す作りになっています。

それもそのはずこちらのメイドインジャパンモデル、高い技術で上質なスニーカーを作っていることで有名な、福岡県久留米市のムーンスター社が製造を担当しているのです。

ちなみに価格は12,960円(税込)です。

 

コンバース オールスター 日本製 CONVERSE ALL STAR J HI 正規品 メンズ レディース スニーカー ハイカットスニーカー 国産 made in japan 送料無料
created by Rinker

 

100周年記念モデル

ALL STARが1番最初に発売されたのが1917年でしたが、そこからちょうど100年後の2017年に100周年を記念して作られたのがALL STAR 100というモデル。

出典:https://news.livedoor.com/article/detail/12331112/

 

 

クッション性の高いREACTインソールや通常よりも厚みのあるシュータンなどで通常モデルよりも履き心地が良くなっています。

またアウトソールがブラックに鮮やかなブルーのワンポイントという特徴的なものになっていますが、こちらはCONVERSEオリジナルの「Traction Sole」というソールを用いており防滑性に優れています。

価格は7,560円(税込)と今回紹介する高級モデルでは1番お安いのも魅力。

私の感想ですが、メイドインジャパンモデルやCT70と比べてインソールのふかふか具合が独特でしたね。

どちらが好きかは人によるでしょうが、私はCT70の方が好みでした。

 

CONVERSE ALL STAR 100 COLORS HI(コンバースオールスター100カラーズハイ)1SC068 PURPLE PURPLE パープル【2019SS】【新作】【限定商品】100周年モデル ENERGY WAVE ライン入りシューレース 正規販売代理店 レディース メンズ
created by Rinker

 

CONVERSE ADDICT(コンバースアディクト)

 

 

CONVERSE JAPANの最高級ラインがCONVERSE ADDICT(コンバースアディクト)です。

ADDICTとは「〜に依存する、〜中毒」といった意味であり、文字通り一度履いたらやみつきなるほど素晴らしく、究極のコンバースと言われるほどの最高級ラインです。

 

上質なキャンバス生地のアッパーやコットンシューレースはもちろん、クッション性抜群のEVAインソール、温度調節機能のあるライニング(OUTLAST)や耐摩耗性に優れたビブラムソールなど、すべてのパーツにこだわり抜いた特別なALL STARとなっています。

また年2回しか販売されないことや生産数が少ないこともあって、人気モデルはスニーカーマニアの間でプレミアが付くほどの人気を誇ります。

NIGOさんやコムデギャルソンなど様々な有名デザイナーやブランドとのコラボがあるのも人気の秘密。

価格は17,280円(税込)と今回ご紹介するモデルの中では断トツに高いモデルになっています。

 

Chuck Taylor 70’s(CT70)

 

いよいよ今回の主役CT70です。

CT70についてはこのあと詳しくご紹介しますのでここでは価格だけで。

 

上でも述べたようにCT70を日本で買うとなると個人輸入が中心ですので定価という概念はないようなもの。

実際に海外では日本円にして定価8,000〜9,000円ほどで売られているようですが、日本国内で買おうと思うと12,000円〜18,000円くらいの幅があります。

個人輸入で手間もかかっていますし、本来であれば国内販売は禁止されていますから仕方ないのかもしれませんが、海外ではCT70は高級モデルでも何でもない通常モデルとして作られていますから、それに倍かそれ以上のお金をかけるのは少し悔しい気もします。

 

 

各高級ALL STARの価格を比べると、

  • 通常モデル:6,264円
  • メイドインジャパンモデル:12,960円
  • 100周年モデル:7,560円
  • コンバースアディクト:17,280円
  • CT70:12,000円程度(バラつきあり)

こんな感じ。

 

Chuck Taylor(チャックテイラー)の名前の由来はバスケットボール選手兼営業マン?

Chuck Taylor(チャックテイラー)という名前、何のことだと思いますか?

 

うーん、スタンスミスと一緒で昔のスポーツ選手の名前かな〜?

 

正解です。

Chuck.H.Taylorとは1910年代にセミプロのバスケットボール選手として活躍した人の名前です。

チャックテイラーさんは現役時にALL STARを愛用してその素晴らしさに惚れ込み、引退後も全米の高校や大学でバスケットについての講演をする際にALL STARを勧めて回ったそうです。

これがキッカケでALL STARは全米中で人気になり、さらにチャックテイラーさんはALL STARを改良する際にアドバイザー的な役割も果たしていたため、その功績を称えてチャックテイラーさんの名前がアンクルパッチに使用されるようになりました。

全米をまわってALL STARを営業していたなんて、なんだか営業マンみたいですね。笑

 

まとめ

書きたいことが多すぎて長くなりそうなので一旦前編はここまでです。

街でよく見かけるALL STARですが実は様々なモデルであることがわかってもらえたと思います。

次からはALL STARを買おうと思ってもいろいろと迷ってしまいそうですね。笑

 

さて後編ではいよいよCT70が他のALL STARと何が違うのか?実際に履いてみてどうなのか?CT70はどこで買うのがいいのか?などをご紹介していこうと思います。

 

ではまた!!(後編に続く)

 

何が違うの?CONVERSE USAの名作CT70をレビュー。(後編) こんにちは、hamです。 今回は https://osozakifashion.com/?p=812...