購入品紹介

待ってました!COMOLI(コモリ)初の直営店に行ってみた。そして19AWデニムジャケットを衝動買い!!

 

こんにちは、ham(@ham50865160)です。

 

空気を纏う服。COMOLIの魅力とは?
空気を纏う服。COMOLI(コモリ)の魅力とは?【タイロッケンコートが大人気】余裕のある大人に大人気のブランドCOMOLI(コモリ)。本記事では、その人気の秘密やおすすめアイテム、COMOLIはどこで買えるのか?などをご紹介しています。...

 

こちらでもご紹介している、ここ最近飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が爆発しているドメブラであるCOMOLI(コモリ)。

そんなCOMOLIが2019年9月14日、ついに初となる直営店をOPENしました。

今をときめく大人気ドメブラ初の直営店がOPENとのことで結構なニュースになると思ったのですが、蓋を開けてみればかなりひっそりとした開店になりました。

デザイナーである小森さんの意向で期待感を薄れさせないようにと事前情報をあまり出さないようにしたらしく、ネットニュースなんかでもあんまり取り上げられてなかったですね。

まあそれでも服好き達は初日から結構押し寄せたみたいで、OPENからちょうど1週間後に私が行った時には人気アイテムはサイズ欠けしているものが多かったですが…。

ということで今回はCOMOLIの直営店に行ってみた感想、場所や雰囲気をレポートし、そこで買ったアイテムについてもご紹介しようと思います。

 

COMOLI初の直営店

場所・行き方は?

まず直営店の場所は東京都港区南青山で表参道駅から徒歩で5分ほど行ったところ、A5出口から出て根津美術館やAURALEE(オーラリー)の直営店に向かっていく方角にあります。

東京に住んでいる服好きの方なら分かるでしょうが、この辺りは多くのセレクトショップやブランド直営店が軒を連ねるおしゃれタウンですね。

最近話題のL’ECHOPPE(レショップ)や私の好きなBLOOM and BRANCHなんかもこの辺りにあります。

 

COMOLIの直営店はLA COLLEZIONE(ラ  コレッツィオーネ)という複合施設の2Fにあるのですが、複合施設ということで比較的入りやすい雰囲気だと思います。

こういうおしゃれなブランドの直営店ってマンションの1室なんかに作られると非常に入りにくいですからこれは嬉しいですね。

上の写真にはありませんが、現在は複合施設の看板にもCOMOLIの文字があります。

そして2Fを続く階段を上っていくと、ちょっと分かりづらいですが「COMOLI」と書かれたドアが。

COMOLIと書かれたすりガラスのドア。裏口かと思うけどここがちゃんとした入り口です。

 

店内の雰囲気は?

ドアを開けるとコンクリート打ちっ放しの広々としていて天井の高い空間が広がっています。

最初の感想は店内の広さに対してアイテムが少ないなということ。

広い空間に対してアイテムは1辺の壁沿いに置いてあるだけで、残りの広々としたスペースは今のところデッドスペース?でした。

あとはどデカイ鏡が置いてありましたね。笑

まあまだOPENしたばかりですし、COMOLIも毎シーズンそれほど多くのアイテム数を展開するブランドでもないですからこんなもんなのかな?

まあ広々とした空間にちょこんとおしゃれな服が置いてあるのも雰囲気作りやブランディングの一環なのかもしれませんね。

 

あと試着室は部屋ではなくカーテンで囲われたスペースですが、よくある簡易試着室みたいなちゃっちい感じではなかったです。

 

直営店だけあって品揃えは抜群

直営店だから当たり前ではあるんですが、他のセレクトショップと比べると全然品揃えが違いますね。

COMOLIってただでさえ人気でセレクトショップに入荷してすぐ売り切れるアイテムも多いですから、こんなにも多くのCOMOLIの服を見られるのはちょっと圧巻でした。

おそらくOPEN用で多めに用意したんでしょうけど、人気のコモリシャツなんかもカラー・サイズによってはまだまだありましたし。

COMOLIファンにとってはたまらない空間でしょうね。

かく言う私もわくわくしてテンションが上がってしまい、当初何かを買うつもりはなかったのですがついつい爆買いしていました。笑

 

COMOLI 19AW デニムジャケットを衝動買い

そんな私が衝動買いしてしまったのはこちら。

COMOLI 19AW デニムジャケット

 

COMOLI 19AW デニムジャケットです。

 

勝手に発表。19AW狙っているものリスト!! こんにちは、hamです。 私もすでに色々と買ってしまっているのですが、物欲が止まらない止ま...

 

こちらの欲しいものリストの中でもデニムジャケットは挙げていたのですが、購入確率10%とかなり優先度は低めでした。

しかし1度試着してしまったが最後、その魅力に取り憑かれて気付くと支払いを終えていましたね。笑

価格は41,800円(税込)。

決して安くない、むしろかなり高いと思います…。

 

ham
ham
いやでもこれは運命の出会いだから!それくらいにめちゃくちゃ良かったんだから!

 

と自分に言い聞かせる日々ですね。笑

 

はい、それでは気を取り直してこのデニムジャケットの魅力をご紹介していきましょう。

 

ありそうでない独特なデザイン

デザインは1stモデル(※)と言われる形にCOMOLIが独自の解釈を加えたもので、1stモデルの特徴であるプリーツ(タック)を排除し、

「実は1stモデルが生まれる前に、プリーツ(タック)のないモデルが存在していたのではないか?」

という仮説と想像から生まれたデザインだそうです。

それだけでも十分に魅力的なストーリーですが、実際のデザインもめちゃくちゃカッコいい。

現在ではデニムジャケットっていうと3rdモデルが一般的になっていて、ただでさえ1stモデルはめずらしいのですが、その1stモデルともちょっと違うっていう遊び心がたまらなくないですか?

服好きはこういう遊び心に弱いんですよねー。笑

デニムジャケットには大きく分けて3つ(もしくは4つ)のモデルが存在します。

それぞれ元はデニムの元祖であるLevi’s(リーバイス)が生み出したものなのですが、現在では各ブランドでそのモデルに沿った形でデニムジャケットが作られています。

 

  • 1stモデル

 

最初に発売された形でデニムジャケットの原型とも言えるモデル。

着丈の短いボックスシルエットであり、フロントやバックには動きやすさを実現するためのプリーツ(タック)が施されています。(今回購入したCOMOLIのデニムジャケットではこのプリーツが省略されています)

バックにバックルベルト式のアジャスターがついていたり、ポケットが左胸の1つのみとなっているのも特徴ですね。

 

  • 2ndモデル

 

基本的には1stモデルを踏襲したボックスシルエットでありフロントプリーツも健在ですが、ポケットが右胸にもついて左右対称となっています。

またバックのアジャスターがサイドアジャスターに進化し、着た状態のまま裾幅を調節できるようになっています。

 

  • 3rdモデル

 

現在主流になっているモデルであり、ワークアイテムとして作られた1st、2ndモデルとは異なりファッションアイテムとして作られたのが3rdモデルです。

シルエットも野暮ったくならないようにと若干コンパクトなシルエットになっていますが、最大の特徴はフロントプリーツがなくなり左右の胸ポケットから伸びるV字ステッチになっているところ。

このV字ステッチには前身頃に立体感を持たせて可動域を確保することの他に、ウエストを細く見せる(上半身を逆三角形に見せる)効果もあるそう。(ホントかな…笑)

 

なお3rdモデルの着丈を長く、身幅を細くしたものを4thモデルと呼ぶこともありますが、主にデニムジャケットのモデルというと1st、2nd、3rdを指すことが多いですね。

 

1stモデルの特徴であるバックルベルト式のアジャスターも再現されている。

 

 

デニムジャケットとは思えない着心地

先程も言ったように現在はデニムジャケットというと3rdタイプが一般的になっており、比較的コンパクトなサイズ感で着丈も短いものが多い傾向にあります。

さらにデニムという生地の硬さも相まって、デニムジャケットってあまり着心地の良いものっていうイメージはないと思います。(デニムが馴染んでくると多少はマシですけどね)

そんなわけでデニムジャケットというと男臭くてカッコいい分、着心地の部分はしょうがないかなと諦めていた方も多いんじゃないでしょうか?

特に私は肩周りがガッシリしていて普通のデニムジャケットを着るとどうしても窮屈に感じて、腕が動かしにくくなってしまいます。

ところがこのCOMOLIのデニムジャケット、本当に着心地が良いんです。

デニムジャケットながら肩周りの窮屈さはほとんどなく、身幅や着丈も比較的ゆったりとってありコーディネートもしやすそう。

個人的にはあまり好きではないのですが、中にパーカーを挟んだりもできそうですね。

 

デニムの生地感

上質な糸を用いていて着込んだ後のような質感。

 

もちろんデニム生地にもこだわっていて、特殊な加工による着古したデニムのような凹凸感が特徴的です。

経糸には上質なスビンコットンを用いてヴィンテージ感を強調し、厚みは11.5oz(オンス)と比較的薄めになっています。

この薄さが着心地を良くし、着た時の肩周りを動きやすくしてくれていますね。

 

この生地が実際に着込んでいくにつれて絶妙な経年変化をしていくそうなんです。

今から楽しみでしょうがありませんね。

 

一般的なデニムジャケットって結構着られる季節が限られちゃうもので、春と秋、それも寒くもなく暑くもないみたいな絶妙な気温じゃないと正直着づらい。

しかしCOMOLIのデニムジャケットはやや薄手の生地感かつゆったりとしたシルエットなので、アウターとして着る場合にはインナーをTシャツからパーカーまで幅広く選べますし、厚手のコートのインナーとして着る場合でもコートのシルエットにあまり影響しません。

夏を除いた3シーズン着られる汎用性の高いデニムジャケットなんですね。

 

まとめ

今回はCOMOLI初の直営店に行ってデニムジャケットを衝動買いしてきました。

ちなみに言い訳じゃないですけど、個人的には衝動買いってあんまり悪いものじゃないと思っていて、「衝動買い=運命の出会い」とも言えますし、服好きにとって服は趣味ですからそんな必死になって自分を律する必要もないと思います。

これからも自分が本当に良いと感じた衝動を大切にしていきたいですね。

まあ身の丈に合ったお金の使い方をすることが大前提ですけど。

 

そんな話はさておき、COMOLIの直営店はCOMOLIファンにとってはたまらないショップですし、その他の服好きにとっても一見の価値があるショップだと思うので皆さんも機会があれば是非行ってみてください。

またCOMOLI 19AWのデニムジャケットも直営店にはまだ在庫がありそうでしたし、他のセレクトショップでもギリギリ残っているところはありそうです。

デニムジャケットを探しているという方には本当におすすめですのでこちらも是非見てみてください。

 

ではまた!!