A. PRESSE(ア プレッセ)ってどんなブランド?【究極のシンプル】

 

こんにちは、ham(はむ)です。

 

ham(はむ)
今回は今季(21AW)大注目のブランドをご紹介します!

 

今回ご紹介するのはA. PRESSE(ア プレッセ)というブランドです。

21AWに立ち上がったばかりにも関わらず、感度の高い服好きには既にかなりの人気が出ているA. PRESSE。

 

そんなA. PRESSEについて

  • A. PRESSEとはどんなブランドか?
  • A. PRESSEでおすすめのアイテム
  • A. PRESSEはどこで買えるのか?

を詳しくご紹介していこうと思います。

 

ham(はむ)
この記事を読めばA. PRESSEのことががっつり分かるので、周りの人に差を付けれるかも知れませんよ!

 

A. PRESSEはこんな人におすすめ

  • とにかくシンプルで上質な服が好き
  • 新進気鋭のブランドに興味がある
  • 好きな服にならお金をかけられる

 

目次

A PRESSE(ア プレッセ)ってどんなブランド?【究極のシンプル】

2021年秋冬スタートの新進気鋭のブランド

A. PRESSEは2021年の秋冬から新たに立ち上がったドメスティックブランド。

 

ブランドのディレクターは重松一真さんという方で、重松さんは今をときめくダイワピア(DAIWA PIER 39)にも関わっているということで、A. PRESSEは立ち上がり前から注目を浴びていました。

なお重松さん以外も2人のデザイナー(名前は公開していない)がおり、3人でA. PRESSEの服を作り上げているそう。

そんなA. PRESSEのコンセプトは、

どうせ買うなら良い服、僕たちのワードローブの一軍入りできる服を。

であり、究極的にシンプルで普遍的、それでいてとことん上質な服を作っているブランドです。

ちなみにこちらの記事はA. PRESSEの成り立ちや重松さんの考え方までインタビュー形式で詳しく紹介されていてとても面白かったので、皆さんもぜひ読んでみてください。

>>世界観を排除したものづくり。 アプレッセが提示する匿名的なファッションの在り方。(外部リンク)

 

編集するように服を作る

A. PRESSEディレクターの重松さん

A. PRESSEディレクターの重松さん(出典:https://www.houyhnhnm.jp/feature/499447/

A. PRESSEでは他にも

CLOTHING EDITORIAL DEPARTMENT(服の編集部)

というテーマを掲げています。

 

A. PRESSEでは重松さんと2人のデザイナーの合わせて3人で「ああでもない、こうでもない」と議論を重ねながら、編集するように服を作っているとのこと。

そうやって3人の服好きがアイディアを出し合い、そのアイディアを丁寧にまとめることで作り出される1つの服は、完成度が高くそれ1着でも説得力のある服になるわけですね。

 

究極にシンプルで上質

A. PRESSEの服は一言で言うと「どシンプル」。

とにかく余計なことをしないシンプルなデザインで、究極的にベーシックな服なんです。

ディレクターの重松さん自身「A. PRESSEというブランドの強みは世界観がないこと」と言っているように、A. PRESSEの服は余計な先入観を与えない、非常にフラットな服が多い印象ですね。

そのような流れの中で、ブランド自体やシーズン毎でテーマを設けたり世界観を表現することもなく、1点1点の服だけで完結することを目指しているそう。

 

ham(はむ)
群雄割拠のドメブラの中で、他のブランドと差別化を図るために世界観やバックボーンを強調するブランドが多いのが当たり前。そういう意味ではA. PRESSEみたいなブランドはちょっと異様に映りますよね

 

そんなシンプル過ぎるほどのA. PRESSEの服ですが、生地や縫製、デザインソースに至るまで服としての「作り」の部分にはとことんこだわり抜いています。

この上なくシンプルで上質な服、そんな言葉がぴったりなのがA. PRESSEの服なんですね。

今の時代って新型ウイルスもあって家を出ない人が増えて、「頑張らないおしゃれ」がキーワードになっていると思うんですけど、A. PRESSEはそんな今の気分にドンピシャでハマるブランドなんじゃないかなと。

 

ぶっちゃけ価格は高い

A. PRESSEは奇抜なデザインや凝った世界観などがない一方で、生地や作りにはとことんこだわっているので1つ1つの価格はドメブラの中でも比較的高めとなっています。

近年ではドメブラの価格が全体的に高騰してはいるのですが、その中にあっても1つ上の価格帯ですね。

イメージで言うと、COMOLI(コモリ)やAURALEE(オーラリー)なんかよりも全然高いです。

 

A. PRESSEのこの価格設定に関しては、個人的に賛否分かれるところかなと思っていて。

というのも上でも言ったように、デザインらしいデザインはほとんどなく超絶シンプルな服作りを信条としているブランドですから、「払った金額に対して真っ直ぐに返ってくる価値」みたいなものが非常に感じにくいんですよ。

もちろん日々着ていく中での満足感はあるでしょうし、「こんなん買ったら絶対長く着るんだろうな」とは思うんですけど、正直この価格帯だとちょっと手が出にくいかなあと。

 

どんなに素材や縫製にこだわった服も、側(はた)から見れば何の変哲もない服だったりしますし、もっと言っちゃえば生地や縫製にこだわったドメブラなんて他にいくらでもありますからね…

まあそんなこと言ってても袖を通せば「あ、欲しい」ってなりますし、そういう言語化しにくい魅力が詰まっているのがA. PRESSEというブランドだったりするんですけど。

 

ham(はむ)
A. PRESSEは今まで色々な服を着てきた大人の服好きが最後に辿り着く、「服好きの終着点」のようなブランドなんじゃないかなって思います

 

A.PRESSE(ア プレッセ)のおすすめアイテム

A. PRESSEは21AW立ち上がりですから、まだフルラインナップがデリバリーされているわけではありません。

なのでどうしても今のところでリリースされている中で私が実際に手に取ってみていいなと思ったもの、これからリリースされる中で注目しているアイテムになってしまうのですが、ここからはA. PRESSEのおすすめアイテムをご紹介していこうと思います。

 

ボタンダウンシャツ

記念すべきA. PRESSEのファーストシーズンのファーストデリバリーでリリースされたボタンダウンシャツ。

スーピマコットンをツイル織りにしたしっかりとした厚みのある生地を硫化染めし、微起毛加工とバイオ加工で古着っぽさを出したシャツになっています。

 

これは本当に生地が素晴らしかったですね。

ふんわりと柔らかく、手触りは極上のピーチスキンのようでいつまででも触っていたくなるような、そんな生地です。

加工による色褪せた雰囲気も抜群で、生地と生地の繋ぎ目の部分なんかは本当に古着屋さんで売っているシャツのような、絶妙なパッカリングと色落ちが再現されています。

 

ham(はむ)
こりゃ古着好きにはたまらんだろうなと

 

またドレスシャツ工場で作られているとあって、運針や縫製は非常に繊細。

この生地の色褪せ感と縫製の美しさの、アンバランスとも言えるバランス感が秀逸なんですよね。

 

サイズ感もゆったりとしているものの大袈裟過ぎることはなく、ちょうどラルフローレンの古着のシャツをゆったりと着るような、とても着やすいサイズ感です。

ちなみに定価は39,600円(税込)と、ドメブラのシャツとしては最高級の価格帯。

まあ確かに高いんですけど、それでも「ああ、こういうシャツがクローゼットにあればそりゃあ手に取ってしまうわな」と思えるシャツですね。

 

ham(はむ)
A. PRESSEの1着目としてもすごく良いんじゃないかと思いますね

 

ハリントンジャケット

こちらはイギリスの老舗ブランド、バラクータ(BARACUTA)の名作であるG9をデザインソースにしたハリントンジャケット。

ハリントンジャケットは日本ではスウィングトップとも呼ばれ、ドッグイヤーカラー(犬の耳のような形をした襟)が特徴的なスポーティなジャケットです。

 

そんなハリントンジャケットも、A. PRESSEが作るとシンプルなのにやっぱり一味違います。

まずはなんてったって生地が美しい。

フィンクスコットンを贅沢に使ったウェザークロスは非常に美しい光沢があり、スポーティなデザインに対してこの上品な生地感が非常にバランス良くまとまっているんですよね。

デザインはA. PRESSEらしく非常にシンプルなものとなっているのですが、そのシンプルさが余計に生地の素晴らしさを引き立てていますよ。

 

また表地と裏地を同じ生地で袋のように仕上げる無双仕立てという作り方をされていて、裏地も表地同様にツヤのある美しい生地感となっています。

バラクータのG9に代表されるこの手のハリントンジャケットって裏地がビビッドなチェック柄になっていることが多くって、これが良いアクセントにも逆に難しさにもなっています。

その点A. PRESSEの場合は裏地も無地なので、色んなスタイルに合わせやすく、より大人っぽくミニマルに着られますね。

 

A. PRESSEのハリントンジャケット

出典:http://1ldkshop.com/blog-aoyama/?p=97551

ベージュとネイビーの2色展開となっており、個人的にはベージュの方がおすすめ。

ベージュと言ってもブラウン味が強くてやや土っぽさもある色味なんですが、なんと言っても生地が上品なのでものすごくキレイな発色になっています。

こういう色味を安い生地で作ってしまうと清潔感が失われたり、それこそとんでもなく安っぽくなりがちなんですが、A. PRESSEが作る服にそんな心配は無用ですね。

ただし価格はヘビーアウター並みの99,000円(税込)となっており、そこだけが玉に瑕(きず)かなあ…

 

ham(はむ)
こういうド定番のジャケットとかをさらっと着こなしてる大人って、めちゃくちゃカッコ良くて憧れますよね…

 

ウォッシュドデニムパンツ

これだけ色んなブランドがデニムを出している中で、新たにまたデニムを出すって結構チャレンジングなことだと思うんです。

特に501モチーフのストレートデニムって、服好きなら既に1本や2本持っている人がほとんどですし。

それでもなおストレートデニムで勝負してくるってことは、余程の自信があるんでしょう。

A. PRESSEのデニムはそんな自信すら感じるような、これがまた良いデニムなんですよね。

 

シルエットはいたってシンプルなストレートデニムですが、A. PRESSEのデニムは色味が格別に良い。

ウォッシュド加工はリジッドからバキバキに穿き込んだような色落ちではなく、コントラスト弱めの清潔感のある色落ちの仕方をしています。

そしてこのブルーの色味が最高で、色褪せて少しくすんだような、抜群に雰囲気があるブルーなんですよ。

一言で言うと「渋い」。

これぞ大人が穿くべきデニムだなと。

 

ham(はむ)
私の大好きなCIOTA(シオタ)のブルーデニムはみずみずしい鮮やかなブルーですが、A. PRESSEは逆にくすんだ雰囲気が魅力ブルーですね

 

新品時点でレングスがちょうど良いくらいになっているので、ユーズド加工デニムにありがちな「裾上げしたら裾だけまっさら現象」にはならないってのも嬉しいですね。

価格は30,800円(税込)と、A. PRESSEにしては割とお手頃な価格となっています。(どこがお手頃だよ!ってツッコんだそこのあなた。服好きの狂った金銭感覚をなめないでくださいよ?笑)

 

ham(はむ)
まさに自分の中の「永遠の定番」になるうる、そんなデニムだと思います

 

A. PRESSE(ア プレッセ)はどこで買えるの?

A. PRESSEには直営店こそまだないものの、立ち上がりシーズンとしては異例なくらいに数多くのセレクトショップで取り扱われています。

それもアーバンリサーチやレショップといった大手グループのショップだけじゃなく、全国の有名セレクトショップや地方の小規模なショップまで、本当に幅広く取り扱いがあるので、こういうドメブラには珍しく地方在住の方でもかなり見やすいんじゃないかなと。

 

ただこんなご時世なので、取り扱いショップに足を運んでっていうのも気が引けますからね、一応オンラインでも返品可能な取り扱いショップをいくつかご紹介しておきますね。

 

【A. PRESSE(ア プレッセ)ってどんなブランド?】まとめ

2021年の秋冬から始まったA. PRESSEですが、注目度が高かったこともあってかなり売れているっぽいですね。

上でご紹介したショップでもほとんどのアイテムが売り切れになってますから。

 

ham(はむ)
この価格帯でバンバン売れているのは本当にすごいよなあ…

 

この調子だと2022年の服好き界隈はA. PRESSEを中心に回っていくかも知れない、そんな勢いと実力を兼ね備えたブランドですから、私もなかなか高くて手が出ないとしても動向だけは追っていきたいと思います。

ちなみにInstagramでは2022年春夏のラインナップも公開されていますので、気になった方はぜひ見てみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

A.PRESSE(@a.presse_)がシェアした投稿

A. PRESSE、本当にこれからが楽しみなブランドですよ。

ではまた!!

 

 

最後まで読んでくれたあなたにはこちらの記事もおすすめ!!

>>CIOTA(シオタ)ってどんなブランド?【究極のファクトリーブランド】

>>COMOLI(コモリ)ってどんなブランド?【空気を纏う服】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる