【ガジェットレビュー】北欧風デザインがおしゃれなsudioのEttは、コスパ良好でノイズキャンセリングも搭載の本格派です

 

こんにちは、ham(はむ)です。

 

ham(はむ)
今回はとても素敵なイヤホンを提供していただいたのでご紹介します!

 

それがこちら。

sudioのEtt

スウェーデン発のイヤホンブランド、sudio(スーディオ)の完全ワイヤレスイヤホンEttです。

Ettは1万円台で手に入るにも関わらず、アクティブノイズキャンセリング(ANC)も搭載したハイスペックなイヤホンなんですが、今回はこのsudioのEttの機能や魅力、少し気になる点も含めて徹底的にレビューしていこうと思います。

 

ham(はむ)
皆さんがイメージしやすいであろう、AppleのAirPods proとの比較も各所で交えながらご紹介していきます!

 

本記事はこんな人におすすめ

  • 完全ワイヤレスイヤホンを初めて買う人
  • ノイズキャンセリング機能は欲しいけど、イヤホンにそんなにお金は出せない
  • おしゃれなデザインのものに囲まれて暮らしたい

 

目次

【レビュー】sudioのEttは1万円台でノイズキャンセリングが味わる、コスパ良好な完全ワイヤレスイヤホンです

sudioのEtt

今回私がご提供いただいたのは、sudioの中でもおそらく最も人気の高いEttというモデル。

価格は17,900円(税込)と完全ワイヤレスイヤホンとしては中価格帯ながらも、アクティブノイズキャンセリング(ANC)を備えた高機能モデルとなっており、sudioの中でもフラッグシップ的なモデルとなっています。

 

ちなみにこのEttは2021年のVGPという国内最大級のオーディオ機器アワードの中で、「Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン/ノイズキャンセリング(1.5万円以上2万円未満)」という部門で賞を受賞しています。

 

ham(はむ)
それでは早速Ettを実際に使用してみて分かった魅力や機能を、少し気になる点も含めて正直にレビューしていきたいと思います!

 

1万円台でアクティブノイズキャンセリング搭載

sudioのEtt

Ett最大の売りはやはりこれ。

ノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホンって2〜3万円することもザラなんですが、Ettなら1万円台でノイキャンが手に入ります。

 

ham(はむ)
AirPods proは定価で30,580円(税込)もしますから、Ettはその約半額で買えることになります

 

アクティブノイズキャンセリング(ANC)とは外部の雑音(ノイズ)をイヤホンに付いているマイクで拾い、それと打ち消し合うような音波を出すことでノイズを遮断するテクノロジーのこと。

要するに外部音を遮断してイヤホンからの音がより鮮明にハッキリと聞こえるようになる、という機能ですね。

音楽や動画ならより没入感が得られますし、イヤホンからの音声にも集中できるので、通勤電車の中で聞き取り学習してるって人にも嬉しい機能となっています。

 

ただEttのノイキャンは正直そこまで遮音性が高くはなく、外部音にぼうっとフィルターがかかる程度。

AirPods proと比べても少しだけ物足りないかな?という感じですが、まあこの価格(1万円台)で最高レベルのノイキャンを求めるのはちょっと酷ですからね。

それにノイキャンってあまり遮音性が高過ぎると平衡感覚が失われたり頭痛の原因になったりしますし、単純に外部の音が全く聞こえないのは危険です。

その点Ettのノイキャンは、ほんのりとちょうど良い程度に外部の音を遮断してくれるのでこれはこれで非常に使いやすいんじゃないかと思いますよ。

 

ham(はむ)
AirPods proでは感じた、耳に水が入った時のようなブワッという圧迫感もEttならそこまで気になりません

 

北欧デザインでとてもおしゃれ

sudioのEtt

北欧ブランドらしく、充電ケースも含めてデザインが秀逸

sudioはスウェーデンのブランドということもあって、デザインは非常におしゃれ。

 

ham(はむ)
イヤホンみたいに毎日使うものがおしゃれなデザインだと、毎日気分が上がって良いですよね!

 

充電ケースは流線形の美しいデザインで、デフォルトでストラップも付いているので外付けのケースなしでカラビナなどにぶら下げることもできます。

なお充電ケースのサイズ感は、縦横がAirPods proと同じくらいですが、厚みは結構ありますね。

まあ持ち運びに不便って程では全然ないですし、個人的にはこれはこれでポテッとしてかわいいんじゃないかなとも思ってます。

sudioのEttとAirPods pro

AirPods proと比較して縦横はさほど変わらないが、厚みはEttの方がだいぶある(この写真だと分からないでしょうが…)

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sudio(@sudio)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sudio(@sudio)がシェアした投稿

またEttはカラーバリエーションが豊富なのも魅力。

  • ホワイト
  • ブラック
  • ピンク
  • グリーン
  • チャコールグレー

の5色から選べるので、お気に入りのカラーでさらに自分好みのデザインにすることができます。

AirPods proをはじめとした完全ワイヤレスイヤホンってホワイトやブラックを中心に多くても3色展開とかなので、5色から選べるってのは嬉しいポイントですね。

 

ham(はむ)
私はチャコールグレーを選んでいますが、マットな質感がとてもカッコいいですよ

 

ワイヤレス充電に対応(しかも今ならワイヤレス充電器が半額で買えちゃうキャンペーン中!!)

sudioのEttとLAAD+

ワイヤレス充電が可能なので、充電忘れでのバッテリー切れともサヨナラ

EttはQi規格のワイヤレス充電に対応しています。

 

これまで完全ワイヤレスイヤホンを使ったことのない人にとって、イヤホンを充電するってかなーり面倒くさいですよね?

また普段ワイヤレス充電に対応していないイヤホンを使ってるって人も、この気持ち分かるんじゃないでしょうか?

 

ham(はむ)
私も初めて安い完全ワイヤレスイヤホンを買った時は、充電が面倒でよく出先でバッテリー切れになったりしてました笑

 

その点Ettならワイヤレス充電ができるので、充電器に置いておくだけで勝手に充電ができます。

家の中でイヤホン置いとく場所って大体決まってますよね?

そこにワイヤレス充電器を設置すれば、家に帰っていつもの所にポンっと置いておくだけで充電できるから超便利なんですよ!

 

ham(はむ)
これなら私みたいな面倒くさがりで忘れっぽい人でも簡単に、しかも絶対忘れることなくイヤホンを充電することができますね

 

sudioのLAAD+

今ならsudio純正のワイヤレス充電器sudio LADD+が半額で買える!!

しかも今なら公式オンラインストアでEttを買うと、sudio純正のワイヤレス充電器sudio LADD+が50%OFFで購入できちゃうというキャンペーンが実施中です。※キャンペーンは予告なく変更・終了する可能性があります

sudio LADD+は普通に買うと5,400円(税込)しますから、半額で2,700円もお得になります。

 

ham(はむ)
ワイヤレス充電器ってAmazonとかでも買えるんですけど、やっぱり純正はデザインも統一感あってテンション上がりますよ

 

sudioのEttとLAAD+

純正同士だと統一感があって美しい

 

ノイキャン付きの完全ワイヤレスイヤホンとしては割安な価格

 

繰り返しになりますが、Ettは定価で17,900円(税込)と、ノイキャン付きの完全ワイヤレスイヤホンとしては低〜中価格帯となっています。

数千円の中国メーカーのイヤホンはなんかちょっと不安だけど、2万円以上するAirPodsやSONYはちょっと手が出せない…っていう人にぴったりの性能と価格帯じゃないかと。

 

ham(はむ)
スウェーデン発のイヤホン専門ブランドのフラッグシップモデルがこの価格なら、十分に割安感はありますよね

 

しかも今回はこの記事を読んでくれた人限定で、sudio公式オンラインストアで全商品が15%OFFになる特別クーポンをプレゼントしちゃいます。

 

クーポンコード:hamsudio15

 

ham(はむ)
上のクーポンコードを使って貰えばどんなsudio商品も安く買えるので、この機会に是非公式オンラインストアを見てみてください!

 

他にも色々と素敵なところがあるよ

sudioのEtt

充電ケースから取り出すと自動でペアリングされるのは嬉しい

Ettには他にも

  • ケースから取り出すだけで自動ペアリングで楽チン
  • 8種類のイヤーチップ付属でどんな人でもぴったりフィッティング
  • ノイキャン使用下でも連続4時間再生、ノイキャンなしなら連続6時間再生が可能
  • IPX5の完全防水仕様でスポーツ中やお風呂でも安心して使える
  • 物理ボタンだから操作間違いしにくい

など多くの優れたポイントがあります。

詳しくはsudioの公式HPを見ていただきたいのですが、完全ワイヤレスイヤホンで「これ欲しいなー」っていう機能は一通り付いている感じですよ。

Ettのイヤーチップ

デフォルトで8種類ものイヤーチップが付いているので、どんな人でもぴったりなフィッティングで使える

 

Ettのちょっと気になる点…

ぶっちゃけ音質に関しては特に良くもなく普通です。

コーデックもSBCと最低限のものですし、本格的に音楽を楽しみたいって人やアクション映画やスポーツ中継を観たいって人にはやや物足りないかも知れません。(コーデックとは音声ファイルの圧縮方式のこと。SBCの音質はそこそこで音の遅延もやや気になるが、接続が途切れにくいなどのメリットもある)

ただしEttにはノイズキャンセリング機能が付いていて、外部音を遮断してイヤホンからの音声がより鮮明に聞こえるという点では、イヤホンの性能以上に音質は良く聞こえますけどね。

 

ham(はむ)
私みたいな通勤中やジョギング中に流し聞きするだけ、みたいな人には全く問題ないレベルの音質です

 

また外音取り込み機能が通話中のみっていうのも惜しいところ。

外音取り込みとはノイズキャンセリングとは逆で、外部の音がより鮮明に聞こえるような機能でして、言ってみればイヤホンをしていないような状態になるものです。

 

Ettでは通話中のみ自動で外音取り込み機能がONになり、自分の声がクリアに聞こえる上に通話相手にはノイズが届かないようになっている、とのことなんですが…

やっぱり通話してなくても、いつでも外音取り込みしたかったですね。

個人的にAirPods proでは、外音取り込みはノイズキャンセリングと同じくらい重宝している機能でして、コンビニのレジとかでいちいちイヤホンを外さなくていいからめちゃくちゃ便利なんですよ。

 

ham(はむ)
まあ店員さんへの礼儀としてはイヤホン外すのが当たり前なんで、こんな外音取り込み機能なんてない方が良いのかも知れませんけど…(ボソッ)

 

【sudioのEttは1万円台でノイズキャンセリングが味わる、コスパ良好な完全ワイヤレスイヤホンです】まとめ

私は数千円の中国メーカーのイヤホンから、3万円を超えるAirPods proまでいくつかの完全ワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、sudioのEttはデザインもおしゃれだし機能も私にとっては十分、コスパにも優れた率直に良いイヤホンだと思いました。

しかも今回は様々なキャンペーンが重なってかなりお得に買えますからね。

  • Ett本体:17,900円(税込)→15,215円(税込)※特別クーポンコード使用
  • sudio LADD+:5,400円(税込)→2,700円(税込)※Ettと同時購入時のみ

クーポンコード:hamsudio15

比較的お手頃でおしゃれな完全ワイヤレスイヤホンを探していたって方は、是非この機会にsudioの公式オンラインストアからの購入をおすすめします。

 

またsudioではインスタ(@sudio)やTwitter(@sudiosweden)も公式アカウントがありまして、北欧ブランドらしい非常におしゃれな写真や投稿がたくさんされているので、気になった方は是非こちらも覗いてみて下さいね。

ではまた!!

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる